電気温水器の排水ホッパー交換

電気温水器排水修理前.JPG電気温水器排水管修理中.JPGボイラー排水口修理.JPG

 

 

 

 

 

電気温水器やボイラーなどには、必ず本体の水を抜くための排水が付いています。

昔の建物は、この排水が鉄製のものでつくられているため、年数が経つと腐食して破損してしまうことがあります。

 

今回のケースでは、排水を流すところについている「ホッパー」という部材が劣化して穴があいていました。

床下部分で排水管と接続されているため、交換には床を一部剥がす必要があります。

この場合では、床がクッションフロアー(CF)のため、一部を剥がし、床板を開口し、床下の排水管部分から一部排水交換とホッパー交換をしました。

 

配管作業後も、その場で床の補修作業を行います。

パッと見ただけでは、どこを解体したのかわからないくらいの仕上がりになります。