外部の地盤が陥没!

外部の地盤陥没.JPG

 

 

 

 

 

 

外部のアスファルト面が、ある日突然陥没した!とのことでした。

 

このような症状というのは、陥没部の下の地中付近で排水配管の外れ・破損などのため水が配管外に逃げてしまい、地中の土砂が削られて、地盤が陥没してしまうというケースが多いのです。

 

写真でわかるように、そばに排水マンホールがあります。

今回のケースはマンホールにつながる付近の排水管で亀裂が入り、排水が地中に流れ出ていたことが原因でした。

このような場合では、アスファルトを掘削して、地中の排水管工事やすぐそばのマンホール(排水桝とも言われます)まで交換しなければならないこともあります。

また、地盤が落ちきっているので、土砂を補充して点圧かけたり、アスファルトを補修することも必要になってきます。

 

(簡易的なアスファルト補修材での仕上げの場合は自社工事となりますが、

 本格的なアスファルト工事については、外部業者での施工となります。)