給水配管から赤サビ水が垂れてきている跡がある

鉄管からの水もれ.JPG

写真のように、水道配管から赤サビのような水が垂れてきた跡があったり、蛇口を開くと赤水が多量に出てきた場合には、極度に水道配管が劣化している証拠です。

 

そのまま放っておくと、ある日突然水道配管に穴があいて水が吹き出したり、配管がボッキリ折れてしまうなどの事故がおこる場合もあります。

 

万が一、通水状態で水道配管が折れてしまうと、かなりの水圧がそのまま吹き出すことになり、大被害になることも少なくありません。

 

このような状態である水道配管があれば、もしものことを考えて早めに水道管交換などの対処を考えていたほうが良いと思われます。