おススメの映画 「レスラー」

DVD「レスラー」.jpg久々のミッキー・ローク主演映画 「レスラー」です。

 

小中学生時代に好きだった映画俳優のひとりでした。(八百長ボクシング&猫パンチ事件でかなりイメージ変わりましたが・・・。)

その後、俳優としてはヒット作に恵まれずにパッとせず、私生活でも自殺未遂などの事件を起こして、映画スターからどん底に落ちていたミッキー・ロークの、自身とかぶるような作品です。

 

昔のファンとしては、オープニングからもうすでに、顔も体も老いがひどく目立つミッキーに切なくなり、目を背けたくなるほどでした。

 

全盛期にはスーパースターだった、ミッキー演じるプロレスラー“ザ・ラム”ことランディ。

心臓発作をおこした後、引退をするも、自分にはほかには何もできないことに気づきます。

齢を重ねてから始めたスーパーのアルバイトもまともにできないことをなじられていく様。

家庭は崩壊。 お金も残っていない。 全盛期と比べ、仕事も極度に少ない。 何もかもうまくいかない。

どうにかしなければならない。けれど、長年やってきたプロレスしか能が無い・・・。

自分のプライドを捨てて、微々たるバイト代でこき使われながらも食いつないでいる元スーパースターの迷いや葛藤を描いた作品です。

 

実社会でも、急なリストラや労働条件の変更、体調不良などで今までの生活が一変してしまうことが多々あります。

齢を重ねた人生の後半期に、かたちは違えども若さでリカバリーできない状態になったとき、僕らはどう考えて行動していくべきか・・・という思いにふけってしまいます。

 

 

 

DVD「レスラー 」 Amazonでの購入はこちらから