シングルレバー蛇口(混合水栓)の交換工事

2014082504510002.jpg

 

こちらは、台所の蛇口が古くなり

あちこちから水が漏れてくるようになってしまったので

蛇口の交換をしてほしいということで

水道工事のご依頼をいただいた事例です。

 

写真のようなレバーハンドルの上げ下げで操作するような

混合水栓では、年数が古くなってしまうと

修理のための専用部品が製造されなくなるため

水もれや故障が起こった場合、

蛇口本体を丸ごと交換することになります。

 

今回のお客さま宅でも、20年以上経過した混合栓だったため

蛇口そのものを取り換える工事となりました。

同じような混合栓の取替えであっても、

取付方法や現地状況により価格は変動します。

今回の事例のような壁面に設置されている形状であれば

わりと安価な費用になります。

 

逆にキッチンのへりに直接設置されている形状の混合栓の場合、

お住まいの構造によっては、流し台を取り外したり

かなり狭いスペースからの作業をしなければいけないこともあり

交換工事のしにくさや、配管一部を交換しなければいけないという理由から

少々値の張った料金形態になってしまうこともございます。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。