配管途中の止水用バルブからの水漏れ

20141023_104335.jpg

 

水道管の途中箇所に、写真のような

蛇口の頭部分のようなハンドルが取り付いていることがあります。

このハンドル付近にも内部にパッキンが入っているため

経年劣化などで水もれを起こすことがあります。

 

通常はバルブのハンドル内部を分解し、

パッキンの取り替えをすることで症状改善しますが、

金属部分が削れているなどの金属摩耗があると、

部品や器具本体の交換をしなければ

水漏れ症状改善しないこともあります。

 

配管途中の器具内のパッキンの交換については

¥5000〜(状況や器具による)となりますが、

部品の取り替え、金具本体の交換などの場合は別途費用となります。

 

キッチンの排水ホースに亀裂が入っている

20141002_140525.jpg

 

キッチンの排水を流すと水がもれてくるということで

調査のご依頼をいただいた案件です。

 

台所の排水が溢れてくる場合には、

排水管内の奥で詰りがあるケースもあれば、

排水管やホースなどで破損があるケースもあります。

 

今回は、排水ホースに亀裂が入っていたため、

水を流すたびに排水外に水が逃げていってしまったようです。

このような排水ホースの亀裂は、

ビニールの素材が硬化してしまうことで起こりますが、

まれに、ネズミなどにかじられてしまって

損傷するケースなどもあります。

 

今回は、硬化による損傷のようでしたので、

排水ホース部品を取り替えて作業完了となりました。

通常タイプの排水ホース交換は

¥6000〜8000円程度の料金となります。

 

蛇口のハンドル部分のパッキン交換

IMG_0118.JPG

 

蛇口のハンドルを開け閉めすると

ハンドル下あたりから水がじんわり滴ってくると

水漏れ修理のご依頼をいただいた件です。

 

ハンドル部分をクルクル回して

水を出したり止めたりするタイプの蛇口では

内部各所にゴムパッキンが入っているつくりになります。

金具や部品の変形や金属削れがなければ

簡易的なパッキンの交換で修理可能なことがほとんどです。

 

ただし、あまり劣化が激しい蛇口であれば

パッキンの取替えだけでは症状改善しないケースもあります。

今回の事例では、パッキンの入っている箇所を分解したところ、

内部の金属が劣化して欠けてしまっていたため、

パッキンの交換では水漏れ症状改善できませんでした。

一部部品の交換が必要となりました。

 

トイレの水が止まらない

IMG_20170530_180342.jpg

 

トイレタンク内でいつまでも水が止まらず、

時間が経つと便器の中にチョロチョロと

水が流れ出てくるということで、

トイレ修理のご依頼をいただいた事例です。

 

このようなケースでは、トイレタンク内部に設置されている

部品のうちの一部が故障している可能性があります。

 

どの部品を交換しなければいけないのかにより

修理の料金なども違いがでてきますが、

通常形状のトイレタンクの場合には

¥6000〜16000円程度の料金になるのが一般的です。

 

レバータイプの蛇口のハンドルが硬い

IMG_20170821_223052.jpg

 

こちらは洗面化粧台に取り付いているレバー式混合水栓になります。

この操作部のレバーハンドルが硬くなってしまい、

日常的に使うのに不都合があるということで

修理のご依頼をいただいた石狩市花川地区のお客さま宅の事例です。

 

シングルレバーといわれる、1つのレバーハンドルで

水とお湯を利用できるタイプの混合水栓では、

レバー内部の部品が劣化してしまうと

このようにハンドル操作が重くなってしまったり、

動かすのが固いというような症状になってきます。

 

この場合、カートリッジという専用部品を交換することで

症状改善できることがほとんどです。

ただし、混合水栓の種類やメーカーにより

適合するカートリッジ部品がそれぞれ違ってきますので、

部品が製品として製造中止になってしまっている場合には

修理が不可能になってしまいます。

 

また、混合水栓を分解しての部品取り替えになるため、

蛇口そのものが古すぎて、水アカの固着により

本来分解できるべき箇所が外れなかったり

混合栓本体の金属削れや破損などがあるケースなどでは

部品の交換ではなく、蛇口そのものを

丸ごと取り換えなければいけないこともでてきます。

 

 

排水マス詰まりの高圧洗浄作業

IMG_20170409_114001.jpg

 

住宅外部に設置されている排水ますというマンホールでの

汚水つまり修理です。

 

外の下水で詰まりが起こると、

室内の水の流れが悪くなることがあります。

トイレの水がキレイに流れていかない、

キッチンの水を流すと水位が上がってきてしまう、

お風呂の排水時にゴボゴボと異音がするようになってきた、など

水を流すときに異常を感じる場合には、

何らかの排水管トラブルや、水詰まりがあることが考えられます。

 

今回は外部の排水桝の蓋を開けると

中にびっちりと汚水や汚物が溢れてひどい状態でした。

このようなケースでは、下水管内を高水圧で清掃する、

高圧洗浄作業をおこなうことになります。

排水管に破損や勾配不良などの異常がないかぎり

つまりの除去・清掃は即日修理できます。