給湯器付近の配管から水もれ

IMG_20170404_141103.jpg

 

給湯器下の水道管から水がもれてくるということで

修理のご依頼をいただきました。

 

今回は、配管途中のナット部内に入っている

ゴムパッキンが劣化し、水がポタポタと漏れていたものです。

 

袋ナットになっている箇所の水漏れについては、

通常パッキンの交換で対応できることが大半ですが、

水道管のねじ込み部分や、配管の表面、

器具本体などから水がもれてくる場合などでは

パッキン1枚で対応できる軽微な修理ではないことがほとんどです。

 

水漏れしてくる箇所によっては、

配管の交換や、器具の取り替えとなることもございます。