水道管の水落とし方法

冬は水道の凍結にご注意ください
 12月から2月にかけて、水道の凍結事故が多発します。水道が凍結すると、

 水が出なくなるだけでなく、修理に多くの費用がかかります。

凍らせないために
 凍結防止には「水抜き栓」による水道管の水抜きが効果的です。

 

 zuga2IMG.jpg

            ↑ 水抜栓(水道元栓)

 

 

水抜き栓(白いハンドルまたはレバー)の水抜きの手順


○水を抜く時
 (1)水抜栓(水道元栓)ハンドルを右に止まるまでまわす。

   (レバーの場合は”止”や”閉”の方向に操作する)
 (2)すべての蛇口をいっぱいに開ける。

   (上図では、キッチンとお風呂にある蛇口を2箇所とも開ける。)
 (3)空気入れ蛇口がある場合、これもいっぱいに開ける。

   (上図では、浴室蛇口の上にある、反対向きの蛇口のことです。

    エアカランなどと呼ばれます。)
 (4)完全に水が止まっていることを確認し、次回水道を使用するまでそのままにします。


○水を出すとき
 (1)蛇口と空気入れ蛇口(エアカラン)が閉まっていることを確認する。
 (2)水抜栓ハンドル左に止まるまでまわす。

   (レバーの場合は”出”や”開”の方向に操作する)
 (3)蛇口をゆっくりと開けて、水が出るかを確認する。


●注意
 空気入れ蛇口がある時は、この開け閉めを絶対に忘れないよう注意してください。なお、湯沸し器や混合水栓、逆止弁なども、その仕様に基づく操作方法で水を抜いてください。



○水洗トイレの水抜き
 (1)水抜きのハンドルを右に止まるまで回す。

   (レバーの場合は”止”の方向に操作する)
 (2)タンク前にある排水ハンドルを”大”の方向へ回し、タンクの中を空にする。

   (空にしないと水は落ちません)
 (3)冷え込みが激しいときや、長期不在の場合はタンク内に不凍液を入れてください


●注意
 便器内でも陶器内の残り水が凍結する場合があります。

 不凍液を入れるなどの対処が必要です。



■こんな時は注意!


○外気温がマイナス4℃以下になったとき。
○旅行などで家を留守にするなど長時間水道を使用しないとき。
○1日中外気温が氷点下の「真冬日」が続いたとき。


●注意
・ハンドルの開け閉めが不完全ですと、水が完全に抜けず、凍結や破裂の原因になります。
・水抜き栓は冬になる前に点検しましょう。
・ハンドルまたはレバーが動かない時は専門の水道修理工事業者
に修理をお申し込みください。

 

 

 

水道凍結した場合の修理方法

zuga1IMG.jpg

 

凍結した水道の修理


○軽い凍結の修理
 露出している管(保温筒などは取り外す)や、蛇口などにタオルを巻きつけ、

  上からお湯をゆっくりかけると、水が出るようになります。

○解氷パイプが取りつけてあるとき
 キャップを上に持ち上げて取りはずし、立ち上がり管に、図のようにお湯を注ぐと

  床下にある管の解氷ができます。


●注意
 お湯は、立ち上がり管につたわるように、ゆっくり注いでください。

●注意
 解氷のため、蛇口などに直接お湯をかけたり、直火を当てたりしますと、

  破裂や火災の危険があります。

それでも水が出ないときは
 水道修理の専門業者に依頼して、特殊器具などで凍結修理する必要があります。
 

凍結修理の費用は
 凍結修理の費用は、皆さまの負担となります。また、この金額は、

  修理に使った材料などによって異なります。

  詳しくは、依頼する工事事業者にお問い合わせください。

水道のトラブルのご依頼は TEL 011−789−2432まで!

当サイトは、札幌の水道凍結修理・凍結トラブル修理専門店ウェルハウス札幌 お役立ち情報ホームページです。

冬場の厳冬期に水が出ないなどのことがないように、水道凍結防止方法と、水抜き・水落とし不備で凍ってしまった場合の対策を公開しています。

万が一、凍結によって配管が破裂している場合の破裂修理につきましては、水道屋さんにご依頼ください。

 

 

ご依頼・お問い合わせは

札幌北部(北区・東区・西区・手稲区・厚別区・中央区) ウェルハウス札幌

TEL 011−789−2432

 

札幌南部(豊平区・南区・清田区・中央区) SOSサポート

TEL 011−827−0458