ボイラー交換・修理のページ

このページでは、ボイラーや給湯機器の交換や修理に関わる事例を公開しています。

 

ボイラーの交換をしたい、エラー表示が出る、焼けたような匂いがしてくる、燃焼しない、ボイラー廻りで水が流れる音がする、ボイラー周りから水が吹き出した、置き型のボイラーから壁掛け式のボイラーに交換したい、水圧や水量が強い給湯機器に変えたいなどの様々なご要望にお応えします。

 

 また、電気温水器廻りや、湯沸し器まわり、給湯器周りの水道修理もおまかせください。

減圧弁・安全弁の交換、サビ詰りの除去、排水ドレン管修理、排水ホッパー交換、配管腐食部の修理など、全般的に対応しております。


 

給湯機器類の交換代や修理代につきましては、機器の種類、型式、年式、排気方式、給水方式などによって様々です。

 

必ず現地でのお見積りが必要になりますので、予めご了承ください。

 

給湯ボイラーの本体交換

ボイラー交換前.JPG   ボイラー交換後.JPG

 

長期間ごまかしながら使用していた給湯ボイラーが、とうとう使用できなくなったことで、ボイラー本体の交換をすることになりました。

 

貯湯式の同タイプのボイラーへの交換になっています。

ボイラーまわりの配管や、弁体、まで一式交換しました。

 

今回は、ボイラー設置部廻りの壁紙や床のクッションフロアも変色してひどかったため、ボイラー交換と合わせて、内装工事も同時におこなう運びとなりました。

 

 

このほかにも、給湯パワーがある容量の大きいボイラーへの交換や、壁掛けタイプの交換も承っております。

電気温水器の排水ホッパー交換

電気温水器排水修理前.JPG電気温水器排水管修理中.JPGボイラー排水口修理.JPG

 

 

 

 

 

電気温水器やボイラーなどには、必ず本体の水を抜くための排水が付いています。

昔の建物は、この排水が鉄製のものでつくられているため、年数が経つと腐食して破損してしまうことがあります。

 

今回のケースでは、排水を流すところについている「ホッパー」という部材が劣化して穴があいていました。

床下部分で排水管と接続されているため、交換には床を一部剥がす必要があります。

この場合では、床がクッションフロアー(CF)のため、一部を剥がし、床板を開口し、床下の排水管部分から一部排水交換とホッパー交換をしました。

 

配管作業後も、その場で床の補修作業を行います。

パッと見ただけでは、どこを解体したのかわからないくらいの仕上がりになります。

 

給湯器付近からの水漏れ

 給湯器下配管水漏れ.jpg  湯沸かし器下配管工事.jpg

給湯器から水が漏れるとのことで、お伺いしたところ、給湯器本体ではなく、給湯器まわりの給水管からの水漏れでした。

(このように、給湯器や湯沸し器、ボイラーなどの給湯機器本体から水漏れしていると思っても、あたりの配管や水栓金具などから水がもれている場合は多々あります。)

 

今回は配管がひどく劣化していたため、1.5mほど距離をとって、銅管に交換修理しています。

(施工後は、銅管にサビ止めの塗料を塗ってのシルバー仕上げとなります) 

電気温水器まわりの修理・交換

電気温水器修理.JPG   暖房ボイラー膨張タンク交換.JPG

電気温水器のHT管修理、膨張タンク交換、減圧弁・安全弁交換など、温水器まわりの修理や交換も全般的に行います。

ボイラー交換のご依頼は TEL 011−789−2432まで!

このサイトは、札幌市の水道トラブル修理専門店ウェルハウス札幌のホームページです。

家庭用給湯ボイラー交換・修理や、湯沸かし器、給湯器、電気温水器まわりの水道トラブル修理に対応します。

湯沸器下からの水もれ、壁掛けボイラーにしたい、お湯の水圧を増やしたいなどのご要望にもお応えします。

 

ご依頼・お問い合わせは

 TEL 011−789−2432