外の水道栓の交換工事

20160420_130614.jpg

 

外にある水道栓(散水栓)から水漏れがあるということで

水道修理にお伺いしたお客さま宅です。

表面に水漏れしているわけではないものの、

水の音が常に響き、水道料金も高くなったということでした。

 

このような場合、通常は水道栓内部に入っている

パッキンや部品の取り替えで改善できるものですが、

地中に埋まっている水道栓本体が腐食場合には

地面を掘り起こして、本体を取り替える工事が必要になってきます。

 

今回も、修理可能な箇所での漏水ではなかったため、

地盤掘削しての大がかりな工事となってしまっています。

地盤の状況や、設置されている水抜き栓(水道栓)の種類、

埋設長さなどにより、工事費用は変動しますので

まずはお気軽に現地確認依頼くださいませ。

 

レバータイプの蛇口のハンドルが重く水が止まらない

20160113_191157.jpg

 

レバーを上げ下げして水の開閉をするタイプの

レバー式蛇口が主流になってきています。

これらシングルレバー混合栓といわれる蛇口ですが、

水漏れや作動不良などの故障があった場合には、

内部の部品を交換しなければいけないことが大半です。

 

昔ながらのハンドルをクルクル回して

開け閉めする形状の蛇口とは違い、

ゴムパッキンの交換ができるような構造にはなっていません。

 

今回は、レバーハンドルの操作が重くなり、

水がきちんと止まりきらないということで

内部に入っているカートリッジという部品を交換しました。

 

このカートリッジが故障すると、レバーハンドルが

固くなったり、重く感じるようになったり、

その反対に異常なくらい軽かったり、ガタつきが酷くなったりします。

 

カートリッジ部品は各メーカーでも様々な種類があり

それぞれの混合栓蛇口により適合部品が違ってきます。

使用する部材により¥14000〜16000円程度の

交換作業費・部材代となります。

 

トイレ水漏れで水道料金が高くなった

20150619_223731.jpg

 

水道料金の検針時に、水道局から漏水の指摘があり

調査にお伺いした厚別区の事例です。

 

通常よりも1万円以上高くなっていたということで

各所水周りの確認をさせていただいたところ、

トイレのタンク内の部品が壊れ気味で

少量ですが常時水が流れ出ている状態でした。

 

トイレタンク内で水が止まりきらず、給水が続くと

トイレの構造から、便器の中へチョロチョロと

水が流れ出てくるものです。

ただ、初期症状で、水漏れがあからさまに酷くなければ

普段使用している中で、なかなか気づけないケースもあります。

 

今回はトイレタンクの内部に入っている部品のうち、

浮き球のような形状のボールタップというものを取り替えました。

水道局指定水道業者の弊社で修理対応した場合には

水道局に高額になった水道料金を引き下げてもらうための

料金免額申請を出すことが可能になります。

 

漏水などで水道料金が高くなってお困りの場合は

お気軽にご相談ください。

 

地盤の悪い地域の排水工事

20150723_103903.jpg

 

札幌市内でも、地域によって非常に地盤が悪く、

住宅の築年数が15〜20年ほど経つと、

大幅に地面の高さが違ってきてしまうことがあります。

 

それに伴い、地面下に埋まっている排水管にも負荷がかかり

排水パイプが歪んでしまったり、

破損してしまうことが多々あるのです。

 

通常、室内の汚れた水を流すための排水管というのは

適度な傾斜があることによって

札幌市の下水に向かって流れていくものです。

 

ですが、地盤の変化があると、

必要となる傾斜が十分に取れなくなり、

汚水が流れていきにくなるため詰まりが頻発したり、

排水管パイプ内に水の停滞による水たまりが出来ることで

室内の水の流れが悪くなりゴボゴボと異音がするようになります。

 

今回も同様の症状で、大がかりに工事が必要な状況でした。

ただし、地盤が悪い地域では、排水管の交換工事をしても

その後年数をかけて地盤が変化してしまうと

再び排水の傾斜がおかしくなったり、破損が出てくることもあります。

地盤の性質を後から変えることは難しいため、

どうしても年数が経過すると何らかの症状が再発することもあります。

 

工事をする場合にはそのあたりの可能性をご理解いただいたうえで

交換作業させていただくことになります。

 

洗面化粧台の水つまり

20150102_223125.jpg

 

洗面化粧台の水の流れが悪く

使用したあとなかなか水が引いていかないという

修理のご依頼をいただいた厚別区のお客さま宅です。

 

洗面台の排水つまりの場合、

修理方法としてはおおまかに二通りあります。

 

軽微な詰まりの場合には、

ボウル部分(洗い場)から所定の器具で圧力をかけて

中で引っかかっている細かなゴミや髪の毛などを

押し流していくことで改善できます。

また、流れ込んでいるゴミや異物の量によっては

洗面排水部材を分解して清掃をする必要があります。

 

症状や汚れ具合によっては専用の薬剤を併用して

つまり除去をしていく場合もあります。

 

洗面台のつまり修理は作業の内容にもよりますが

通常は¥6000〜8000円程度の料金となります。

 

札幌市厚別区のトイレ温水便座の取り付け

20141204_102115.jpg

 

お手持ちのトイレの温水便座(ウォシュレット)を

取り付けだけしてほしいということで

厚別区にお住まいのお客さまよりご依頼がありました。

 

このような取付作業のみ弊社でおこなう場合、

トイレの配管状況などにより、

作業料金が少々変動があります。

 

お手持ちの洗浄便座が新品で、

お住まいのトイレ配管に加工や部分交換などしなくても

ぴったりと合う場合には ¥8000円程度の料金となりますが

配管調整や交換、部品の追加やパッキンの交換など

追加の部材や作業が生じた場合には

上限として¥〜12000円程度まで

作業費が必要なケースもあります。

 

また、古い便座の廃棄処分などが必要な場合には

廃材処理費が別途必要になってきます。

 

ご不明な点はお気軽にお問合せください。

 

給湯機器まわりの水道配管からの漏水

20150908_115312.jpg

 

壁にかかっている給湯器の下に密集している

水道管付近から漏水しているということで

修理のご依頼をいただいたお客さま宅の事例です。

 

お伺いして水漏れ状況確認したところ、

自在に角度をかえることのできるフレキシブル配管と

金属製の水道管の接続部分から

少量の水漏れが確認できました。

 

このような接続部の水漏れの場合には

接続パッキンの劣化による水漏れケースもあれば、

配管腐食や変形などによって漏水していることも考えられ、

配管状況や水漏れ箇所により改善方法が違ってきます。

 

配管を一部取り換える必要があるケースでは

見える箇所の水道管交換であっても

配管状況に応じて¥8000〜2万円以上と

状況により幅があるものです。

 

今回は、接続部のパッキンの交換のみで

軽微な修理となりましたので、配管そのものを交換はせず

水道管の一部分解とパッキン取替えで

¥5000+消費税額となりました。

 

トイレタンク内の部品故障で水道料金が高額になってしまった

20141228_163052.jpg

 

水道局の水道検針時に、漏水が見つかり

そのままにしておくと水道料金が高額になってしまうということで

漏水修理のご依頼をいただいた厚別区のお客様宅の事例です。

 

今回は、トイレタンクの中に設置されている

ボールタップといわれる浮き球のような部品が故障して

いつまでもトイレ内で水が流れたままになっていました。

 

症状が軽微な場合、常時水が流れたままであっても

わずかな水量のために、なかなか漏水に気づくことができず、

水道局の料金検針のときにようやく把握できることがあります。

 

このような場合、弊社のような水道局の指定工事業者に

漏水の修理依頼をすることで、

高額になった水道料金の免額申請をすることができます。

 

お困りの場合にはお気軽にご相談ください。

 

排水の臭いがひどくてどうにか対処したい

20141023_104433.jpg

 

洗面所の排水の臭いがひどく、

脱衣所付近あたり一面臭気が充満してしまい

その匂いで気分が悪くなるほどだということで

修理・調査のご連絡があった事例です。

 

このようなケースでは、排水の臭気が上がってくるような

隙間ができているケースがほとんどです。

対処としては、その隙間を所定の部材などを使用して

臭気が上がってこないように埋める作業となります。

 

一般的なつくりの排水であれば、修理費用は

¥6000〜8000円程度になることがほとんどです。

排水構造によっては、防臭作業対処ができないこともありますので

詳しくはお問い合わせください。

 

流し台下の扉の中で排水の臭いが充満している

20141023_104342.jpg

 

キッチンや洗面台などの排水付近で

排水の臭気がひどくて気になるというご相談があった

厚別区のお客さま宅の事例です。

 

通常、このような排水の臭いというのは、

排水管途中に隙間があることで匂いが上がってくるものです。

 

対処としては、排水管の隙間を専用部材を使用して密閉することで、

臭気を抑えることが可能になってきます。

今回も、防臭用の部品を取り付けして排水臭の臭気改善しています。

排水の防臭作業は、ごく一般的な構造の場合、

¥6000〜8000円程度になります。

 

ただし、お住まいの排水の構造上、

防臭作業ができない場合や、専用部材を取り付けることにより、

通気上の問題が起こるケースもありますので、

詳しくはお問い合わせください。

 

 

トイレタンクの中のチェーンが切れて水が出てこない

20140822_093558.jpg

 

トイレタンクに付いているレバーを回すと

その裏につながっているチェーンがタンク内部品と連動して

タンクから便器へと水が流れるようになります。

 

今回、そのチェーン箇所が劣化で切れてしまい、

トイレのレバーを回しても、水がタンクから流れてこなくなり

トイレが使えないということで緊急のご依頼をいただいたものです。

 

このような場合には、切れたチェーンと一体になっている

専用部品を交換する必要があります。

トイレタンクのメーカーや、形状によりいくつかの種類がありますが、

きちんと適合した部品を取り付けなければいけません。

一般的に使用されることの多いタイプのチェーン部品の場合、

¥6000〜の修理料金となってきます。

 

お風呂の混合栓カランの交換工事

IMG_20170618_104851.jpg

 

お風呂場の混合水栓が故障したので

修理してほしいというご要望があり

お伺いした厚別区の案件です。

 

温度調整がダイヤル指定で可能なサーモスタットタイプの

混合水栓の場合には、各所の故障が出てしまうと

ほとんどのケースで専用の部品交換が必要になります。

また、使用年数が古い場合には、

部品がすでに手に入らずに、修理不可能になってしまうこともあります。

 

今回のお客さま宅では、20年以上前の混合栓を使用されていて

適合部品の供給が製造メーカーで中止されてしまっているため、

サーモスタット式シャワー混合栓を本体まるごと交換となりました。

 

浴室サーモ混合栓の交換工事は、形状にもよりますが

¥35000〜(蛇口本体・交換工賃含む)となります。

※ごく一般的なユニットバスの壁面に取り付けるタイプで

弊社指定の国内メーカー品の場合に限る

 

水道配管途中に付いている減圧弁の水もれ

IMG_20170603_09381.jpg

 

こちらは水道配管パイプの途中に付いている

減圧弁といわれる水栓金具の交換途中の写真です。

減圧弁というのは、室内の水道の圧力を安定させたり

給湯ボイラーに入る水圧を規定の数値に調整するために

水道管に取り付けするものです。

 

この減圧弁も経年劣化で錆びてきたり、

隙間から水もれしてくることがあります。

このような症状になってくると、この弁本体を

取り替えていく必要があります。

また、様々な設定圧力があり、付いている圧力に合わせたものを

交換する必要があるものです。

 

前後の水道配管状態によっても、

カンタンに取り換えできる場合と

水道管の一部を併せて交換しなければいけない場合があります。

交換料金としては、¥18000〜2万数千円まで

状況や交換する減圧弁の種類に応じて違いがあります。

 

地盤が悪い地域での排水管異常

IMG_20170601_114112.jpg

 

厚別区や白石区などの一部地域では、

地盤が非常に悪く、地面が下がることで

地中内の下水の配管や排水桝に負荷がかかってしまい、

排水管が下がってしまったり、破損してしまうことが頻繁にあります。

 

敷地内の排水というのは、規定の傾斜がもともとついており、

その傾斜によって室内で使用した排水や汚水を

札幌市の下水マンホールへ運ぶ構造になっています。

 

しかし、地盤が変化することで敷地内の排水勾配が悪くなり

正常な傾斜が維持できなくなるため、

下水の詰まりや、埋設部での損傷やそれによる地盤の陥没など

様々な水のトラブルを引き起こすことにつながります。

 

このような場合は、地盤を掘り起こし、

地中に埋まっている排水管の工事をすることになります。

排水工事については、地盤の状態や

前後の排水のつくり、マスなどの合流箇所の有無や経路数、

埋設部の深さや掘り起こす部分のスペースなど、

いろいろなことを考慮して金額算出することになります。

また、どうしても外観からは把握できない部分もあるため、

少し幅を持たせた概算金額でのお見積りとなることもあります。

 

 

シングルレバー蛇口の水が止まらない

IMG_20170419_192630.jpg

 

シングルレバータイプの蛇口で水の止まりが悪い場合、

昔ながらの蛇口のようにパッキン交換などでは

対応できないものがほとんどです。

通常はレバー内部に入っているカートリッジといわれる

主要部品を取り替えることになります。

 

このカートリッジ部品は、内部にパッキンが組み合わさっているもので

このパッキンだけの単独取り替えができないものですので

必然的に、少々金額のする作業費となります。

一般的なシングルレバー式蛇口のカートリッジ交換は

¥14000〜16000程度になります。

 

また、年式の古いものや、倒産したメーカーのものでは

部品供給がされず、蛇口ごとの交換が必要になることもあります。