水の流れが悪く、定期的に詰まってしまう

20141023_113151.jpg

 

こちらは、地中内に埋まっている、汚れた水が流れ出る

排水管の配管になります。

この排水管というのは、傾斜をつけることで

スムーズに排出されるものですが、

年数の経過とともにこの地中内の傾斜が狂ってしまうと

正常に水が流れなったり、管内に汚れが蓄積したりするため

頻繁に詰まりが起こりやすくなってきます。

 

また、いくら排水詰まり修理をおこなったとしても

排水管自体に傾斜不良などの異常があれば

少し時間を経過すれば、詰まり症状が再発してしまうものです。

ですから根本的な解決策としては、地盤を掘り起こして

異常がある部分前後の埋設排水管を取り替える工事をするしかありません。

 

排水管の工事費は、お住まいの配管状況や経路、距離やスペースなどにより

大幅に違いが出てくるものです。

まずは、現地調査することで概算お見積りを出すことができますので

お気軽にお問い合わせください。

 

 

鉄製の排水口のつまり修理・清掃作業

110818_172318.jpg

 

古い鉄筋マンションなどで、

お風呂場や洗濯排水まわりの排水口が

鉄製の排水口になっているケースがあります。

このような排水では、鉄のサビが増殖して

水つまりを引き起こすことが多々あります。

 

排水口というのは、もともと臭気が上がってくるのを

防止するために、入り組んだつくりになっています。

鉄排水口の場合、その内部の入り組み部分で錆付着が酷くなると

細かな汚れや髪の毛などがその部分に引っかかり、

水が正常に流れなくなってしまうのです。

 

このような鉄排水の場合、修理対応可能かどうかは

排水口形状により違ってきます。

鉄製であるがゆえに、排水口自体が劣化してもろくなっているため

損傷の可能性を考えると、あまり無理な作業はできません。

ですから、排水口の構造やつくりによっては

対応をお断りするものもあります。

また、つまり修理対応が可能な場合についても、

一般的なプラスチック製の排水口での詰まり修理料金よりも

高額になってくることがほとんどです。

 

今回の事例では、内部の清掃と、業務用薬剤を併用した

詰まり除去作業でかなり水の流れは良くなりましたが、

やはり内部の錆付着が完全に無くなるわけではないため、

どうしても新築時のような軽快な流れとまではいかず

適度な流れ方になったことで作業終了とさせていただいています。

 

混合栓裏側のパイプから水もれ

IMG_20170624_141139.jpg

 

台所の混合栓蛇口や洗面所の混合水栓では、

流し台シンク裏や洗面化粧台裏側から

固定取付されている形状の蛇口があります。

 

この蛇口裏側の固定部付近やパイプ部分から漏水するなどの

水漏れ症状がおこることがあります。

接続不良やパッキン取付部の劣化が原因の場合もあれば、

混合栓本体のパイプ劣化により、

部分修理ができないため、混合水栓の交換が必要なこともあります。

また、蛇口の吐水部やシャワーホースからつたった水が

隙間をとおって裏側に水漏れするようなケースもありますので

原因調査には必ず現地確認が必要になってきます。

 

症状も修理の内容も、その漏水原因によって異なります。

 

 

 

トイレの洗浄便座の取り付け工事

IMG_20170531_091116.jpg

 

トイレの洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)などの

交換作業にも全般的に対応いたします。

 

洗浄便座を当社で用意することも可能ですし、

お客さまご自身でウォシュレットをご用意したものを

取付設置のみ代行することもできます。

 

シャワートイレの取り付けのみ(設置代行作業のみ)の場合、

¥8000〜12000程度の費用となります。

これは、取付作業に伴い、配管の調整や部分交換、

止水バルブや接続金具などの追加が必要か、

パッキンの追加が必要かどうかなどにより違ってきます。

 

また、リモコン式タイプの場合や、

古い便座の廃棄処分が必要な場合には

諸費用が別途必要になることもございます。