水道管水漏れ・配管工事のページ

このページでは、水道管修理・配管修理事例を公開しています。

 

水道管に穴が開いて水がポタポタもれる、

配管が腐食してサビ水がたれてくる、

突然水が吹き出した、どこからかわからないが水が染み出す、

配管の交換を考えている、

新しく水道管を引っぱってほしい、

などの様々なご要望にお応えします。

 

 鉄管(ライニング管)、銅管、架橋ポリ管、塩ビ管など、配管全般の交換・修理・工事に対応いたします。


作業料金例 

(すべての表記は、出張費や作業工賃、部材代などを含んだ金額です)

※下記の料金に別途消費税額が加算になります 

 

 フレーキ給水管取替え  1式  ¥6000〜8000
 鉄管配管一部水漏れ修理(圧着部材使用・露出配管の場合)    ¥18000〜20000
 鉄管配管一部水漏れ修理(点検口裏の閉所などの場合・圧着部材使用)    ¥20000〜25000

 鉄管配管一部交換(末端部付近の場合)

   ¥10000〜15000
鉄管配管一部交換(上記以外の場合)  

 ¥12000〜

(距離・配管状況による)

銅管配管水漏れ修理(露出部)    ¥10000〜
銅管配管水漏れ修理(点検口内の天井裏での施工の場合)    ¥15000〜
ポリ管一部交換    ¥15000〜
天井裏・壁裏での給水管水漏れ(内装の復旧作業含む)    ¥30000〜60000
ユニットバス壁パネル裏の配管水もれ交換(天井点検口ある場合)    ¥30000〜
 塩ビ管一部交換  

 ¥8000〜

 水道管内サビつまり除去(一時的に除去の場合)  

 ¥6000〜

 水圧が弱い場合の調整    ¥6000〜
 配管交換(水道管一部のみ距離をとって工事の場合)    ¥20000〜(距離や配管状態による)
 配管交換工事(室内の水道管すべて交換工事する場合)  

 1mあたり¥6000〜12000+部材代など(距離や配管状態による)

 

 ※ 配管の修理や工事は、現状の配管がどのような状態なのかによって金額が

   かなり上下することがございます。

   正確な金額を知りたい場合には、実際にお伺いしてお見積りさせて

   いただくことになります。

 ※ 上記の作業の中で、既存の金具類の使い回しがきかない場合には、

    別途金具代が必要な場合もございます。


上記の金額は一例です。

お客様のお宅で使用されている器具・配管施工状態・症状・メーカー・型式などによって一部例外もあります。

参考金額としてご覧ください。

天井裏水道管水漏れ工事

水道配管修理前.JPG水道配管修理後.JPG

 

 

 

 

 

天井から水が降ってきたとのことで、点検口より天井裏を確認。

 

給水の鉄管が腐食して穴があき、そこから水が吹き出していました。

 

お客様よりできるだけ安く収めたいとの希望を聞き、配管の交換ではなく、圧着させて水を止める修理部材(圧着クランプ)を使用して水漏れ箇所の修理をしました。

 

今回は天井裏での作業でしたが、修理しやすい箇所だったため、修理代金は ¥18000となっております。

壁ぎわの床面から水が出てくる

IMG_20170314_120516.jpg

 

ある日突然、床に水が染み出してきたという事例です。

 

壁近くの床面が水びたしになってしまい、

心なしか、壁の中で水の流れているような

ポタポタ音が聞こえるということで

緊急の水漏れ調査と修理をお願いされました。

 

現地確認させていただくと、

やはり壁内で水がもれているような音がありました。

 

外観からは確認できない場所のため

壁の壁紙クロスと石膏ボードを破り、

内部に通っている水道管を確認したところ、

腐食によるピンホール(配管の表面に開いてしまう小さい穴)があり

わずかですが水が吹き出してしまっていました。

 

今回は銅管配管のため、穴があいている部分のみ切り取り、

一部配管を取り換えることで修理できました。

破いた内装の補修も含め、平均3時間ほどの作業になります。

 

止水バルブ付近の水道管から水もれ

IMG_20170306_133956.jpg

 

こちらは水道配管の途中に取り付いている

止水栓(バルブ)付近からの水もれ事例です。

 

この止水栓には内部にゴムパッキンが入っているため

それらが劣化することでも水漏れとなります。

また、接続部からの腐食による水もれにより

水道管自体を取り替える必要がある場合もありますし、

止水栓の部品取り替えが必要になることもあります。

 

水漏れしている箇所により、施工内容も違ってきますので、

詳しくは現地確認が必要になります。

 

天井裏の架橋ポリエチレン管からの水漏れ修理

IMG_20170312_111816.jpg

 

こちらは天井点検口裏を通している

架橋ポリエチレンの水道管です。

今回、このポリ管の継ぎ手付近から水もれがあり

修理にお伺いしました。

 

架橋ポリ管の水漏れの場合には、

水漏れ箇所の配管を一部切って、

あらたに配管しなおすことが大半になります。

 

また、天井裏や壁裏などに隠蔽されていることがほとんどですので

点検口などがない場合には、内装を剥がすなどして

修理や一部交換する必要が出てくる場合もあります。

 

 

水道管の継ぎ目から水がもれる

給水管水漏れ修理前.jpg   給水管水漏れ修理後.jpg

 

天井裏の給水管(鉄管)から腐食して水漏れしていました。

 

お客様より、大掛かりな工事にならないように修理してほしいとのことで、圧着ソケット(配管のつなぎ目で水がもれたときに圧着させて修理する部材)を使用しての修理で完了しています。

 

露出している配管での圧着ソケット修理は通常、 ¥20000 ですが、今回の場合は天井裏での施工だったため、 ¥23000 の料金になりました。

水道管から浮き出てきたサビが気になる

  鉄管腐食 作業前.jpg   鉄管腐食 作業後.jpg

 

給水管から浮き出てきた表面のサビが気になるとのことで依頼を受けました。

よく見ると、じんわりと水気があり、サビが目立つところから水漏れが確認されたため、ライニング鋼管(水道用の鉄管)の部分交換になりました。

 

給水の鉄管で穴があいたり、このように水漏れがあった場合には、配管が全体的に劣化していることがほとんどです。

このような症状が出た場合には、応急的に一部の配管交換をすることもできますが、次から次へと違う箇所から水漏れするケースが多いため、いずれはお部屋中の給水管交換を視野に入れておいたほうがよいと思われます。

壁内の架橋ポリ管修理

架橋ポリエチレン管水もれ修理.JPGポリ管一部交換.JPG架橋ポリ修理時.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁の中からポタポタと水の音がするとのことで調査にお伺いしました。

 

間違いなく壁内で水が漏れているようでしたので、壁面のクロス・ボードを一部剥がしてみたところ、ポリエチレン管で配管されておりましたが、別な配管業者のミスで穴をあけられてしまっていました。

一部ポリ管と金具類を交換しています。

天井裏の給湯管修理

天井裏配管水漏れ.jpg

 

 

 

 

 

天井から水が降ってきたとのことで調査。

 

給湯管(お湯の配管)が天井裏ですっぽりと抜けてしまっていました。

 

銅管配管のため、破損部付近だけの配管一部交換ですぐに修理終了しました。

銅管水漏れ修理

壁の中で銅管ピンホール水漏れ.JPG  銅管修理.JPG

壁の中の給水銅管配管で穴があいて、水が噴き出していました。

壁を一部開口して、水漏れ箇所前後の銅管を一部交換して完了。

内装のクロス・ボードもその場ですぐに復旧。

施工時間は約2時間。 

今回は、銅管水漏れ修理代と内装修理すべて含め、 ¥30000 ですみました。

鉄管の一部交換作業

配管水漏れ修理前.JPG  配管水漏れ修理後.JPG

 室内水道管の一部からサビのような水漏れがあるとのことでお伺いしました。

 

配管が外しにくい箇所だったのですが、圧着ソケットなどの修理ではなく、配管自体の一部交換をしてほしいとのご要望でした。

通常は、現在多く使用されている銅管配管に変わることが多いのですが、お客様は、電気腐食の問題や、見栄えの問題で、現在と同じライニング鋼管(水道用の鉄管)での一部交換を希望されていました。

 

水道管を一部距離をとって外し、ライニング鋼管(水道用の鉄管)を使用して、水漏れ箇所と前後の水道管を交換して完了しています。

 

水道管水漏れ修理のご依頼は TEL 011−789−2432まで!

このサイトは、水道管からの水漏れ修理や配管腐食による漏水修理、腐食修理、配管の交換工事などの水道管修理を中心とした、札幌の水道屋ウェルハウス札幌のホームページです。

給水管、給湯管(お湯の管)、鉄管、銅管、ポリ管などの配管修理全般に対応します。

 

ご依頼・お問い合わせは

札幌北部(北区・東区・西区・手稲区・厚別区・中央区) ウェルハウス札幌

TEL 011−789−2432

 

札幌南部(豊平区・南区・清田区・中央区) SOSサポート

TEL 011−827−0458