水抜き栓付近から水の音がする

clip_image00213-thumbnail2.jpg

 

水道管の近くから常に水の音が聞こえるので修理してほしいとご依頼がありました。


確認にお伺いすると水道の水抜栓で地下漏水しているようでした。


水抜栓の内部には上の写真のような部品が入っていて、この部品に組み込まれているパッキンが劣化していると、地中部で水漏れがおこります。


修理の方法としては部品の交換、もしくはパッキンの交換になります。

(状態によってどのような対処をするか違ってきます)


修理費用は部品交換の場合は¥14700〜、パッキンのみの交換の場合は¥8400〜程度になります。

水道の元栓や外の散水栓から、シューッと音がする

2011051814070000-thumbnail2.jpg

 

水道の元栓である「水抜き栓」付近で、常時シューッ!!と音が鳴りひびく場合には、水抜栓内部の根元にあるパッキンや部品が劣化していることがほとんどです。

 

今回の場合は、水道局から、水道料金が上がっているとの指摘を受けたため、水道局指定工事業者である当社で調査したところ、水抜栓で地下漏水していることがわかりました。

 

水抜栓を分解し、ピストン(水抜き栓下部に設置されている部品)を確認したところ、やはりパッキンが切れてしまっていました。

水抜き栓ピストンパッキン交換にて作業完了しました。

 

中には、パッキンの交換で対処できないものや、劣化がひどいため部品ごとの交換が必要な場合もあります。

(水抜栓本体の腐食や損傷で、水抜栓ごと交換しなければならないこともまれにあります。)

修理費用は、作業内容に応じて、 ピストンパッキン交換¥8400〜 ピストン部品交換¥14700〜 となっております。

 

電動タイプの水抜栓が動かない

B2E8C1FC20021-thumbnail2.jpg

 

水抜栓(水道の元栓)には、手動で動かすものと室内の操作盤によって電動で動かすものがあります。

写真の水抜き栓は電動タイプのモーター部分になります。

 

室内の操作盤で水を止めようとしても水がとまらない、逆に水が出てこないときは、電動水抜栓のモーター故障や、モーター内部の部品やパッキン不良が考えられます。

 

また、電動水抜栓から漏水している場合も同様に、モーター部分解して内部の部品やパッキンの交換をすることになります。

 

部品やパッキン取替えの場合の修理費用は¥8000〜16000くらい、モーターや操作盤の故障の場合は現地見積もりとなります。