便器の中に水が流れたままになってしまう

20141002_120805.jpg

 

トイレの便器内の水がたまる箇所に

チョロチョロと水が流れて止まらないということで

トイレ水漏れ修理のご依頼をいただいた事例です。

 

このような場合、トイレタンク内の内部部品が

劣化や摩耗などにより、悪くなってしまっているため

タンク内で水が止水できずに便器内へ漏水していることがほとんどです。

 

お使いになっているトイレタンクの部品の形状や種類などにより

部品代や交換作業料に違いがありますが、

通常タイプのものであれば¥6000〜16000円の

範囲内でおさまることが大半です。

 

 

蛇口をシングルレバータイプの混合水栓にしたい

20140822_093456.jpg

 

今付いている蛇口を、もっと便利なものに替えたいということで

ご連絡のあった事例です。

お水側とお湯側にそれぞれ操作ハンドルがある形状で

いちいち水量やちょうどいい温度を調整しなければいけないため

1つのレバーハンドルでお湯の混合を調整ができる

シングルレバー混合水栓に取り換えたいということでした。

 

このようなケースの交換では、現状の混合栓の形状により

作業内容や交換に伴う金額が大幅に違ってきます。

今回は、壁面に取り付ける形状の蛇口だったため、

壁裏の配管に問題がなければ、

そこまで大がかりになることはありません。

壁面取付タイプの場合には、混合栓本体と取り換えの作業費含め

〜¥25000程度で収まることがほとんどです。

 

トイレの水の出方がおかしい

20141012_135245.jpg

 

トイレに流れてくる水の出方が

最近になっておかしくなってきたということで

修理のご依頼をいただいた事例です。

 

お伺いすると、トイレつまりなどの現象ではなく、

トイレタンクからの水量に異常があるような状態でした。

このような場合には、トイレタンクからの水の流れが妨げられる

何らかの原因があるため、それを調査することから

修理対応がはじまります。

 

今回は器具内の想定した箇所に、

水の流れが塞がってしまうような異物が入っていたため

それを取り除き、便器内の水流が正常に戻っています。

 

トイレの流れの異常や、水の出の異常なども

調査にお伺いしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

洗面化粧台の水つまり修理

IMG_20170624_141125.jpg

 

洗面化粧台の排水口を掃除している間に

小さな細ブラシを排水内に誤って流してしまったと

清田区のお客さまより修理依頼がありました。

 

通常は排水の口に網や目皿が設置されているため

異物が流れていくことがないつくりですが

掃除中に目皿などを外したタイミングで

異物を流してしまうなどという事例が多くあります。

 

このような場合には、排水部品をいちど取り外せば

内部に引っかかっているパターンが多いため

一般的な排水設備ではよほど小さなものでないかぎりは

取り除くことが可能になります。

 

排水器具を分解しての水つまり除去や異物取り出しの場合、

プラスチック製の排水器具のケースでは

〜¥8000程度の修理料金となります。

 

外の水道栓の修理

IMG_20170522_141745.jpg

 

散水栓と呼ばれる、外の水道栓の修理にお伺いした

札幌市清田区の事例です。

 

どうしても外に設置されている水道設備というのは

外気にさらされたり、積雪や寒気などにより

故障しがちになってくるものです。

今回は、レバーを上げ下げして開閉するタイプの

水道元栓でしたが、春先になって使用する時期になると

レバーがおかしくなって操作できないということでの

故障修理依頼でした。

 

このような場合、水道栓の一部で破損がないかぎりは

元栓内部を分解し、調整するなどの方法で

修理可能なケースが多々あります。

 

症状にもよりますが、冬場の水落とし不備で

一部分が破損したり、部品が飛んでしまったなどの事例では

部品交換、もしくは散水栓本体を取り替える工事が

どうしても必要になることもあります。

 

天井裏換気扇(パイプファン)の交換

IMG_20170426_184202.jpg

 

こちらは、浴室の天井裏に設置されていた

配管中間部に取り付けるタイプの換気扇です。

今回、換気扇が故障して動かなくなってしまったということで

修理もしくは交換のご依頼をいただきました。

 

換気扇というのは電化製品と同じく機械製品ですので、

年数の経過したものについては修理というのがなかなか難しくなるため、

換気扇本体を丸ごと新しいものに取り替えたほうが

良いケースが多いものです。

 

今回も、十数年経過している製品だったため、

修理などは不可能という判断になり、

パイプファン換気扇本体の交換作業となりました。

 

通常の浴室天井換気扇の場合にはある程度定型形状になるため、

お電話で交換費用の概算をお知らせできますが、

今回のような一般的にあまり使用されない形状のものであれば

換気扇設置個所のつくりや使用する物により、

交換の料金に大幅な違いが出ることが考えられますので

まずは事前に現地確認が必要になってきます。

 

洗面の蛇口が壊れた

IMG_20170409_105238.jpg

 

洗面所のシャワー蛇口が壊れたということで

部品の取り替えにお伺いした事例です。

 

引き出せる形状のシャワータイプの混合栓というのは、

洗面所に限らず、その混合栓に適合した部品でなければ

交換することができません。

 

けれども、年数の経過した混合水栓などでは、

メーカーで製造中止になっている部品などもあり、

交換部材が手に入らないために、

蛇口本体を交換しなければいけないこともあります。

 

あまり一般的なものではない型式の蛇口の部品交換の場合は

まず現地を見させていただき、

現在付いている蛇口のメーカーや品番、形状などを確認し、

適合部品が今も入手可能なのかどうかを調べることになります。