排水管のつまりで、水が溢れ出てくる

e3e343fcfwxxvff.jpg

 

お部屋の中の排水のトラブルで

水を流すと、排水口から水が溢れ上がってくるなどの

症状が出てくることがあります。

 

これは、排水管の奥のほうで詰まりがあり、

流した水が排出しきれなくなって起こる現象です。

このような状況では、簡易的な詰まり修理ではなく

排水管の中を電動ワイヤーなどの専用の器具や

高圧洗浄器具などを使用して

排水管の中を清掃する少々大がかりな作業となります。

 

今回のお客さま宅では、キッチンの水を流すと

洗濯場の排水口から水が溢れ出てくる状況でした。

床下でつながっている塩ビ製の排水パイプの中を

電動式のワイヤー器具で、詰まっている油汚れや

蓄積しているゴミなどの固まりを砕き貫通させることで

正常に排水できるように修理完了しました。

 

トイレのタンクの中で部品が折れている

2014112711260000.jpg

 

トイレタンクの中に入っている部品が

経年劣化などにより破損したり、動きが悪くなることで

水が流れたままになったり、

操作不良原因となることが多々あります。

 

今回は、トイレタンク下部に設置されている筒状の部品、

オーバーフロー管(フロート管やサイフォン管ともいいます)が

ポッキリと折れてしまい、水が流れ続け

タンク内に水がたまらないような症状になっていました。

 

このオーバーフロー管の交換には、

トイレタンクをいちど取り外す必要のあるタイプや

接続されている水道パイプなどを脱着する必要があるものがあり、

使用部品と構造の関係で修理料金も異なります。

 

また、トイレのメーカーや型式によっても

適合部品が違いますが、弊社ではほとんどの

トイレタンク内部品を取り揃えていますので

お急ぎの場合にはお気軽にご相談ください。

 

レバーハンドルタイプの蛇口水もれ

2014111012060002.jpg

 

キッチンの蛇口(混合水栓)から水がもれ、

ハンドルを閉じても水が吐水部分からポタポタ出続けたり

水栓の根元あたりに水が溜まるようになってしまったと

ご連絡のあった札幌市北区のお客さま宅です。

 

シングルレバータイプの混合栓の場合は、

昔ながらの蛇口のようなパッキンの交換などの

軽微な修理はできない構造になっているため

内部のカートリッジという主要部品を取り替えることになります。

 

また、蛇口のメーカーや型式などにより

適合する部品や、料金に違いがありますが、

一般的に使用頻度が高いカートリッジの場合

¥14000〜16000円程度の料金となります。

 

ただし、年数があまり古くなると、

部品がすでにつくられていないなどの理由で

部分的な修理ができないケースなどもあります。

そのような場合には、水栓そのものを取り換えるなどの

対応しかできないこともあります。

 

ご不明な場合はお気軽にお問い合わせください。

 

水栓蛇口から水がもれる

20160919_101440.jpg

 

洗面所にある水栓蛇口から水漏れするということで

ご連絡をいただいた札幌市北区のお客さま宅です。

ハンドルをきつく締めても、いつまでもポタポタと

吐水口部分から水が垂れてきてしまうという症状でした。

 

このようなケースでは、ハンドル内部に入っている

パッキンの摩耗や、ハンドル部品の不良などが考えられます。

 

今回は、ハンドル内部を分解してみたところ、

ハンドル内部部品の金属が劣化で欠けてしまい

パッキンを取り替えても症状が良くならなかったため

部品の交換をして修理完了しています。

 

パッキンの取り替えの場合は ¥3000〜、

部品交換の場合には ¥6000〜 となっています。

 

※ 使用されている蛇口の型式により、価格の変動や

  部品やパッキン取替えができないものもあります。

  また、シングルレバーやミキシングバルブ式の

  混合栓の水漏れ修理については、

  パッキンの取り替えが不可のものもございます。

 

札幌市北区の水道修理

20160524_110345.jpg

 

水道管も年数が経過して古くなると

各所から水もれを起こすことがあります。

 

とくに、ライニング鋼管といわれる鉄製の配管は

腐食などにより穴があいたり、

配管の接続部付近から水がにじみ出すなどの

漏水状態になるケースが多くあるものです。

 

今回の修理事例では、水道管の一部から水が漏れて

床面が水びたしになってしまったことで

水道修理依頼をいただいた案件です。

 

既存配管の構造や、使用されている水道管種類により

修理方法や取替えの範囲に違いがでてきますが、

軽微な部分交換の場合には 1万数千円〜からの作業料金で

水道修理をおこなうこともできます。

 

家庭用の加圧ポンプの交換工事

20160524_111943.jpg

 

水道の水圧だけでは勢いが不十分なため、

水道管途中に加圧ポンプを取り付け

水圧を高めている構造の戸建て住宅があります。

 

今回は、この家庭用の加圧ポンプが故障したため

交換工事をおこなった事例です。

 

加圧ポンプは通常、現状付いているものに合わせた

機器能力のものを交換するため、

その能力やタイプにより大幅に料金に違いが出てきます。

そのため、無条件に現地確認が必要になってきますので

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

※弊社ではマンション・ビル・店舗などの

 加圧ポンプの修理・交換は承っておりません。

 また、家庭用ポンプでもタイプや設置状況により

 施工をお断りさせていただくこともございます。

 

洗面シャンドレ用の蛇口から水もれ

20160506_134315.jpg

 

シャンプードレッサー仕様になっている

洗面化粧台に設置されている蛇口から

使うたびに水がもれてくるということで

調査と修理のご依頼をいただいた事例です。

 

現地確認させていただいたところ、

蛇口つながっているシャワーホースの根元から

水がかなりの量で漏水しているのが判明しました。

 

このような場合、ホース部品自体の破損などであれば

部品の交換作業が必要になりますし、

接続部のパッキンなどの劣化による水もれであれば

軽微な修理作業で終わることもあります。

 

今回は、シャワーホースと混合栓蛇口の

接続部分にはいっているパッキンが摩耗していたため

ごく簡易的な修理で対応可能でした。

蛇口の汎用的なパッキンの取り替えの場合は

¥3000〜の作業料金となります。

 

お風呂の蛇口の水もれ修理

20160317_164929.jpg

 

お風呂の蛇口のハンドルを回して水を出すと

ハンドル下付近から水がポタポタ漏れてくると

修理のご依頼をいただいた事例です。

 

浴室の蛇口というのはおおまかに2タイプの構造があり

温度調整ハンドルがついているサーモスタット式と

写真のような水とお湯のハンドルが2つ付いている

2ハンドル式のタイプとがあります。

 

今回のような時計回り・反時計まわりに回転させる

ハンドル式付近での水漏れがある場合には、

内部にごく一般的な形状のパッキンが入っています。

 

このゴムパッキンを取り換えることで

症状改善できることがほとんどになります。

パッキンの取り替えで対応可能な場合は、

¥3000〜からの修理料金となります。

 

ただし、シャワー切替部分の水もれや、

サーモ式混合水栓のハンドル部の水もれなどのケースでは

内部部品の交換でしか修理対応できないものも

数多くありますので、どのような症状やタイプでも

軽微なパッキン交換で修理できるわけではありません。

 

水道管の途中のバルブから水もれ

20150627_114919.jpg

 

水道管の途中についている金属バルブから

水がポタポタ漏れてくるということで

修理のご依頼をいただいた北区の事例です。

 

これらに器具は配管の途中に設置され、

一部経路の水を止めることができたり、

水量の調整などもできるものです。

 

ハンドル操作部は、蛇口の頭部分のような形状になっていて、

その開閉によって水を止水することになります。

 

今回、このバルブのハンドル根元から

水が少量ですが漏れてきていました。

ハンドルの根元には、パッキンが入っているものが多く

そのゴムパッキンが劣化してしまうと

水もれがしてしまうことになります。

 

今回は、ハンドル根元のパッキンを取り換え、

漏水修理完了しています。

 

 

札幌市北区のトイレ床水漏れ修理

20141228_163030.jpg

 

トイレの床面から、水を流すたびに

水がしみ出てくるようだということで

トイレ修理のご依頼をいただいた北区のお客さま宅です。

 

トイレの床への水漏れは、便器まわりのトイレタンクや給水管、

温水便座などから水がつたって漏れてくるケースも多々ありますが

あからさまに床からしみ出してくる場合には

便器をいちど取り外して、便器と床部分にある排水管の

設置のための接合部品を取り替える必要があります。

 

トイレの脱着を伴う作業のため、

お使いのトイレのタイプや、取り外すことによって

交換が必要になるその他の部品の範囲にもよりますが、

一般的なトイレでは、¥20000〜23000程度の

修理料金となってきます。

 

札幌市北区の下水のつまり修理

20141008_091948.jpg

 

一戸建て住宅の室内の水の流れが悪く

排水するとゴボゴボとしたおかしな音が鳴っているので

見てほしいということでご依頼があった北区の事例です。

 

通常一戸建て住宅の排水構造というのは

各経路から外の下水のマンホールにつながっています。

敷地内には汚水桝といわれる点検用のマンホールが複数あり

そこから排水のメイン管に異常がないかを

調べていくことができるようになっています。

 

今回、室内の複数個所の排水の流れが悪いため

外の排水ますを確認したところ、

コンクリート製のマスの中で、木や草の根がびっちりと入り込み、

排水経路を塞ぎ気味にしている状態でした。

 

そのため、排水管内の高圧洗浄などで

管内の奥にも入り込んでいる草の根を掻き出し

撤去していく作業となりました。

 

このように木の根や草の根が排水内に入り込んでいる場合、

排水桝から簡易的に除去できるケースと、

排水管内まで清掃しなければいけないケースがあります。

また、症状が酷い場合には、コンクリート桝を

塩ビ製のマスへと交換する必要が出てくることもあります。

 

お風呂の水が流れにくい(札幌市北区の修理依頼)

110818_171014.jpg

 

お風呂場の水の流れが悪く、

浴槽に貯めた水をいっぺんに流すと

排水口から溢れ上がってきて、

洗い場のほうに逆流してきてしまうということで

排水修理のご依頼をいただいた札幌市北区の事例です。

 

このような場合、排水口まわりや

排水管の奥のほうで詰まりが起こっている状態です。

浴槽の水を流したときに、すぐに逆流が始まる場合には

排水口付近のまわりで詰まりがある可能性が高いため、

一般的なつくりの浴室排水口であれば

¥8000円前後の詰まり修理作業費となります。

 

ただし、排水管の奥のほうで詰りが生じているケースでは、

排水管内部に電動式の清掃用ワイヤーを通したり

高圧洗浄作業などをおこなう必要があります。

このような場合には少々大がかりな修理対応となり

費用も高額になってしまうこともあります。

詳しくはお気軽にお問合せください。

 

浴槽の水の流れが悪い

20150111_142211.jpg

 

浴槽の水を流すと、流れきるまでに

かなり時間がかかってしまったり、

多量の排水時に洗い場の排水口から

水が逆流してしまう症状があるということで

修理のご依頼をいただいた札幌市北区の修理事例です。

 

水を流したときに水位が上がってきたり、

なかなか水が流れていかず溜まり気味になる場合は

まず排水口付近の詰まりがないかを確認する必要があります。

 

今回は、浴槽排水と洗い場排水の合流付近で

多量の髪の毛の蓄積によってつまりが生じていました。

通常のユニットバスで、プラスチック製の排水口の場合は

大半が簡易的な詰まり修理で症状改善することができます。

今回のお客さま宅のつまり修理代は

¥8000+消費税額 となっています。

 

 

トイレの詰まり修理

20141222_114359.jpg

 

トイレが詰まってしまい、

水を流そうとすると、便器内で水が溢れてしまうということで

トイレつまり修理のご依頼をいただいた事例です。

 

お伺いしたところ、

便器内の水の中に、トイレットペーパーの細かなカスが

浮き上がっていて、ペーパーの流し過ぎなどによる

つまり症状の可能性が高い状態でした。

 

ペーパーの引っかかりや、大便の引っかかりなどで

便器内つまりの場合は、

大半が簡易的なトイレつまり修理で改善が可能です。

 

便器内の上面から圧力をかける専用工具を使用し、

詰まっているものを押し込んだり、逆に浮き上がらせたりすることで

引っかかりを取り除き、詰まり物を除去することができます。

 

トイレつまり修理は、症状のひどさや便器形状などによっても

若干費用に変動がありますので、

〜¥8000を上限として考えていただくことになります。

 

水道の元栓が固くて動かない

20141216_145241.jpg

 

水道の元栓は、古くなってしまうと、

操作部が固着したり、

内部のパッキンなどが噛んでしまったりなどが原因で

正常に動かすことができなくなることがあります。

 

今回の札幌市北区のお客さま宅では

レバータイプの水道元栓を使用していましたが、

レバーがまったく上げ下げできないような状況でした。

 

このような場合には、まず元栓を分解してみる手順となります。

(あまり古いものや、劣化状況が酷い場合には

 分解しきれないケースもあります)

 

水道元栓内部を分解できれば、内部パッキンを取り換えたり

専用の油剤を塗布したりして

正常に操作復旧が可能かを判断していきます。

 

これらの方法で状況改善しない場合には

地中内に深く埋まっているこの水道元栓を

地盤を掘り起こして交換しなければいけない

大がかりな工事になってしまうこともあります。

 

今回は、内部分解がスムーズにおこなえ、

レバー操作も正常にできるようになりました。

分解による調整は¥8000〜(状況により変動あり)

となってきます。

 

室内の水の流れが悪く、頻繁に排水つまりが起こる

20141023_113140.jpg

 

こちらは一戸建て住宅の外部排水管工事の状況です。

こちらのお住まいでは、頻繁に水の流れが悪くなったり、

外のマンホールで詰まりが起こってしまうなど、

排水管の異常が考えられる状態でした。

 

現地確認させていただくと、マンホールには水が溜まり、

室内の排水を流しても、排水管勾配が悪いようで

なかなかスムーズに流れていかないことがわかりました。

 

このような場合には、地中内に埋まっている

排水の配管自体がおかしくなっているものです。

簡易的な調整などはできないため、

地面を掘り起こして埋まっている配管を取り換えるという

大がかりな排水工事となってしまいます。

工事費については、お住まいの排水管まわりの状況や

交換が必要な距離によって大幅に違いがありますので

まずは現地確認させていただくことになります。

 

トイレのレバーが空回りして水が流れない

20141012_135303.jpg

 

こちらはトイレタンクに設置されている

水を流すためのレバーハンドルです。

このトイレタンクレバーを回しても

水が流れてこないということで修理のご依頼があった

北区のお客さま宅の事例です。

 

このレバーというのは、トイレタンクの中の

別な部品と接続されていますが、

その接続部が破損してしまうと、

空回りしているような操作不良が生じます。

 

他にも、レバー自体が破損することで

正常に操作できなくなってしまうこともあります。

 

今回は、接続部分の別な部品が壊れてしまっていたので

フロートバルブといわれるゴム栓部品を取り替え、

修理完了することができました。

接続部品の交換の場合は ¥6000〜(形状による)

タンクレバー自体を交換の場合は ¥10000程度の

修理料金となってきます。

 

トイレの水つまり

20140908_154820.jpg

 

トイレの水が溢れてきてしまうということで

緊急修理のご依頼をいただいた案件です。

 

トイレを使用したあと、水位が上がってきてしまい

便器の淵から水があふれそうになってくる状態でした。

 

このような場合、まずはトイレットペーパーの

流し過ぎなどが原因の可能性があります。

簡易的なトイレつまりの場合には

トイレの便器部から専用工具を使用して

圧力をかけて詰まり物を除去する方法があります。

 

簡単な便器内の引っかかりによる詰まり修理は

¥8000円程度の修理料金となってきます。

 

トイレのタンクと便器のあいだのパイプから水もれ

20141012_135251.jpg

 

こちらは、昔の形状のトイレの

便器とトイレタンクをつなげている配管パイプの写真です。

通常はトイレタンクにたまった水が

このパイプを通って便器内の汚物や汚水を

押し洗い流していきます。

 

この配管パイプの水漏れ原因としては、

接続部パッキンや配管パイプ自体の劣化や、

外的な要因で負荷がかかったための

どちらかのパターンが大半となります。

 

今回は、この配管パイプ部の接続箇所を分解し、

各所のパッキンを取り換えることで

水漏れの修理が完了しました。

今回のパイプ部の修理は、¥8000となっています。

 

 

排水塩ビます(マンホール)の交換工事

IMG_20170821_130936.jpg

 

家の外にある排水の塩ビます(マンホール)部分が

積雪や屋根からの雪が落ちる重みで負荷がかかってしまい、

割れてしまったということで

塩ビマス交換工事のご依頼がありました。

 

地中内の塩ビ管や塩ビマンホールが壊れている場合には

地面を掘りあげて中の破損個所前後を取り替えることになります。

 

排水の工事は、現地状況により作業内容や

地盤状態、交換すべき範囲やその深さなどで

工事料金が大幅に違ってくるものです。

概算のお見積りも、現地状況を確認させていただいたうえで

算出させていただくことになってきますのでご了承ください。

 

排水管内で詰りがあり、キッチンから水が溢れる

IMG_20170411_104355.jpg

 

キッチンの水を多量に流し続けたり、

洗い物のあとに桶に入った水を一気に流したりすると

キッチンの下の床面から水がもれてしまうということで

修理にお伺いした札幌市北区のお客さま宅です。

 

シンクで排水するとキッチンの下から水が溢れてくる場合は

排水口などの簡易的なつまりではなく、

排水管の奥のほうで油汚れなどの蓄積により

逆流していることが考えられます。

 

油汚れというのは、水にふれて冷えてしまうと

ドロドロのまま固まりかけてしまうため、

排水管内で停滞し、排水管の内部に付着してしまいます。

その結果、排水管内の水の経路を塞ぎ気味にするため、

少量の水は流れていくものの、多量の水量を流してしまうと

流れが妨げられている状態のために逆流してしまうのです。

 

このようなケースでは、写真のような電動ワイヤー機器を使用し、

排水管内の油汚れなどを削りながら除去することになります。

状況により対処は違ってきますが、

室内の溢れている箇所の排水管付近から作業する場合と

室外の下水のマンホール側から作業しなければいけない場合があります。

 

これは、お住まいの排水のつくりや構造によっても違います。

電動ワイヤーを使用してのつまり修理については、

キッチン排水の場合は ¥20000〜 となります。

また、油汚れを除去するための業務用薬剤を併用したり、

室内・室外作業をともにおこなう必要がある場合には

加算になっていくものですので、少し余裕をもってお考えください。

 

 

洗濯用蛇口からの水もれ修理

IMG_20170517_142242.jpg

 

こちらは洗濯機置き場に設置されている蛇口で

洗濯給水用ホースをつないで水圧がかかると

洗濯給水ホース接続部から水漏れがしてしまうということで

修理のご依頼をいただいた札幌市北区のお客さま宅です。

 

このような場合には、洗濯給水ホースの不良原因も考えられますし、

蛇口先端の吐水口付近の部品が摩耗したり

変形したりという原因も考えられますが、

ホースと蛇口の接続部から漏水しているのであれば

9割方パッキンの交換ではなく、部品を取り替えることになります。

 

現在使用されている蛇口により、使用する接続部品が違いますので

若干料金変動ありますが、通常形状のものであれば

¥5000〜7000程度の作業料金(部品代含む)となります。

 

 

お湯の勢いや水量が全体的に悪くなった

IMG_20170420_134643.jpg

 

お湯の水圧や水量が徐々に弱くなってきたということで

調査のご依頼がありました。

 

水側の水圧・水量は問題なく、

お湯側の勢いのみ全体的に気になるということであれば、

給湯機器まわりの不調があることになります。

 

ボイラーや温水器などの給湯器具本体が

劣化や故障しているケースもありますが、

今回は給湯口の内部で給水管のサビや細かなゴミが送られ

それがストレーナ内部で詰まってしまっていました。

一部分解し、つまっているものを除去して症状改善しました。

 

このような水道の出が悪いケースでは、他にも様々な要因があります。

古い水道管の場合には配管内でサビつまりを起こしていることもあれば、

蛇口や、それ以外の水道器具内で詰まりや故障があることもあります。

 

修理の作業内容や費用は、どのような対処をするかによって

大幅に違いがありますので、まずは現地での状況確認が必要になります。

 

台所シンクの下から嫌な排水の匂いがする

IMG_20170516_190445.jpg

 

台所シンクの下の収納扉中で

嫌な下水の匂いが上がってきて困っているということで

改善できるか見てほしいとご依頼がありました。

 

お伺いしてみると、収納扉内にはかなりの排水臭が充満していて

あからさまに酷い状態でした。

 

このようなケースでは、キッチンの排水付近で

隙間ができていることで臭気が外部に逃げてしまい

付近に排水管内の臭いがしてくるのです。

 

今回は、排水ホースと排水塩ビ管のあいだに

臭気が上がってくる隙間ができていたため

専用の防臭部材を使用して修理完了しています。

一般的なつくりの台所シンク排水臭の防臭作業は

¥6000〜8000程度になります。

 

給湯器付近の配管から水もれ

IMG_20170404_141103.jpg

 

給湯器下の水道管から水がもれてくるということで

修理のご依頼をいただきました。

 

今回は、配管途中のナット部内に入っている

ゴムパッキンが劣化し、水がポタポタと漏れていたものです。

 

袋ナットになっている箇所の水漏れについては、

通常パッキンの交換で対応できることが大半ですが、

水道管のねじ込み部分や、配管の表面、

器具本体などから水がもれてくる場合などでは

パッキン1枚で対応できる軽微な修理ではないことがほとんどです。

 

水漏れしてくる箇所によっては、

配管の交換や、器具の取り替えとなることもございます。