蛇口のハンドルをしめても水が止まりきらない

20141023_104503.jpg

 

こちらは、お風呂の蛇口のハンドルを閉めても

いつまでもポタポタ水が止まらないという

漏水状態になってしまった西区のお客さま宅事例です。

 

写真のようなハンドルを回して開閉するタイプの

2ハンドル混合栓の場合、このような水漏れでは

まず内部のパッキン交換をしてみることになります。

蛇口や内部金具に劣化や損傷がなければ、

通常はパッキンの取り替えだけで対応可能な症状ですが、

内部部品や蛇口本体の内部の金属が削れてしまっていたり、

摩耗して動きが悪い場合には、

パッキンの交換だけでは改善しないこともあります。

 

これらの状態については外観からは判断しかねる部分ですので

まずは簡易的なパッキン交換から施工してみて

それによって水漏れ症状改善できない場合には

金具や本体の交換を順に試していくということになります。

 

今回は、ハンドル内部の金属削れがあり、

パッキン交換だけでは改善しなかったため、

ハンドル部のスピンドルという部品の交換と、

それに伴うパッキンの取り替えをしています。

 

トイレの水つまり修理

20140822_093628.jpg

 

トイレを使うと、便器の水が上がってきて

溢れそうになってしまうということで

トイレつまり修理のご依頼をいただきました。

 

特別おかしなものを流したわけではないということですが、

通常のトイレットペーパーや大便だけでも

使い方によっては詰まりが発生してしまうことがあります。

 

とくに、多量の汚物やペーパーを一気に流したり、

トイレタンクの水が溜まりきってないときに

流してしまったなど、水量が不十分な場合にも

水つまり症状を引き起こしてしまうものです。

今回は、便器部分から所定の方法で圧力をかけて

つまり物を除去する工法で、トイレつまり修理完了しました。

 

トイレの便器の中への水もれが止まらない

20140822_093610.jpg

 

気がつくと、トイレの便器の中で

水がちょろちょろと止まらずに流れっぱなしになっていると

西区のお客様より修理依頼のご連絡がありました。

 

お伺いして、トイレタンクの中を確認すると、

タンクの中に入っている部品のひとつが劣化し、

正常な作動をしなくなっていました。

トイレタンク内の部品が故障してしまうと、

今回のように水が止まらなくなってしまうことがあります。

トイレタンクの中には複数の部品が設置されているため

どの部分の故障や交換になるかによって

対処や修理代金に違いがあります。

 

今回は、浮き球部品の故障による水漏れだったため、

ボールタップといわれる内部金具を取り換えして

¥12000円(部品代・工費込み)となりました。

 

トイレタンクの中のオーバーフロー管が折れた

5678t6g56755.jpg

 

トイレタンクの中にある、オーバーフロー管という筒状の部品が折れて

水が多量に便器内に流れっぱなしになるということがあります。

トイレの形状にもよって異なりますが、

便器とトイレタンクがくっついているような形状の場合には

トイレタンクをいちど取り外して部品交換することになります。

 

今回のケースも、ある日突然に水が延々と便器に流れてくるようになり、

ご自身でトイレタンクの蓋を開けて確認したところ、

中に入っている部品が折れてしまっているということで

弊社に、即日修理ができるかお問い合わせいただいたものです。

 

弊社では、様々な形状のオーバーフロー管がある中で

ごく一般的な形状のものはすべて取り揃えております。

そのため、即日修理対応することができますので

お急ぎの場合にはお気軽にお問い合わせください。

 

今回使用した部品交換では、タンク脱着を伴うオーバーフロー管交換で

¥16000円(部材・工費込み)となっています。

 

水道の止水栓(水抜き元栓)からの水もれ

IMG_20170805_173334.jpg

 

水道の水抜き栓とよばれる元栓の故障や水漏れというのは

非常によくありがちな水のトラブルです。

この水道元栓は、冬場に水落としをするときや、

一時的に水を止めなければならないときの止水に使用するものです。

 

この水抜き栓が劣化してくると

ハンドル操作が固くなり、回らなかったり、レバーが動かなかったり

水が止まりきらない(もしくは水が出てこない)などの

様々な症状を引き起こします。

また、内部に入っている部品やパッキンが悪くなると

地中で水漏れをおこすケースも非常に多いものです。

 

地中での水漏れの場合には、

どこからかわからないが水の音が聞こえる、

使い方は変わらないのに水道料金が高額になった、

などの症状になります。

 

水抜き栓の修理は、地域の指定工事業者でしか

対応できない規則になっていますので、

お困り事や気にかかる事象があればお気軽にお問い合わせください。

 

洗面所のシャワーの切替えが動かない

IMG_20170811_101733.jpg

 

洗面所に付いているシャワー蛇口には

シャワーヘッド部分にシャワーと整流吐水という

水の出方を切り替えるボタンやつまみが付いています。

 

蛇口が古くなってくると、この切替部が動かなくなることがあります。

これは、水アカの固着により起こる現象です。

このようなケースでは、簡易的な調整などで

切替部分が作動できるようになることもあれば、

シャワーヘッド部品などを取り換えなければ改善しないこともあります。

 

また、混合栓形状によっては、

現在部品供給が終了して、手に入らないものや、

シャワーホース部分までをセットでしか

交換対応できない型式のものもあります。

 

地中に埋まっている排水管の交換

IMG_20170410_102719.jpg

 

室内の雑排水の流れが悪いということで

調査に伺った案件になります。

 

外の家まわりを確認したところ、一部地面が陥没気味の箇所がありました。

雑排水経路と思われたため、地面を掘り起こしてみたところ、

地面に埋まっていた排水管が破損して、

内部には砂利が入り込み、排水の流れを妨げていたのです。

冬場に屋根からの落雪がある箇所のようで、

その落雪の衝撃や、積雪の重みで地盤が押されてしまったために

その地盤下を通っている排水管にも影響があったと思われます。

 

今回は、破損している排水管の部分交換をし、

管内に溜まっている砂利などを高圧洗浄で掻き出し

作業完了となっております。