札幌市東区のキッチン水道修理

2014082504500000.jpg

 

キッチンの蛇口部分の接続部より水もれがあるということで

水道修理のご依頼をいただいた東区の事例です。

 

かなり古いタイプの混合蛇口が取り付いていて

水道配管との接続箇所から水がじんわりと漏れ

蛇口の下あたりまでつたってきている状態でした。

外観から確認したところ、蛇口と水道管の接合部の

水漏れ防止シール材が劣化している可能性がありました。

 

このような場合、混合水栓をいちど分解して取り外し、

漏水がある水道管に再度設置しなおすことが必要になります。

また、水道管の腐食や金属削れなどがある場合には

一部の水道管の取り替えや

蛇口の交換が必要になるケースもありますので

まずは現地で状況の確認をさせていただくことになります。

 

台所の水道修理(ガス台の取り外し)

2013120119010000.jpg

 

台所の裏から水のポタポタと落ちる音がするということで

水もれ調査・修理のご依頼をいただいた

札幌市東区のお客さま宅です。

 

常時ずっと水の音が聞こえてくるため、

キッチンの床面の点検口から床下を覗いたところ、

やはり床下へ水がもれているのが確認できました。

 

ちょうどガス台の裏側あたりからの水漏れのため

いちどガス台を取り外さなければ水道管修理ができず

脱着作業を伴う水道管修理となりました。

 

キッチンまわりの水道管というのは、

通常、流し台やガス台の裏側を走っていることが多く、

部分修理にはこれらの設備を取り外すことが必要なことが多いものです。

 

今回はガス台裏の水道管が腐食によりピンホールしていたため、

一部分を配管取替えして、水道修理完了となっています。

 

床下の塩ビ排水管の修理

1326685409013.jpg

 

湿気で一戸建ての床がぶよぶよしてきたため、

不思議に思って床下収納をのぞき込むと

床下部分に水が溜まってしまっているということで

水周りの調査と水道修理のご依頼をいただいた

札幌市東区のお客さま宅です。

 

お伺いして確認したところ、塩ビ排水管の接合部から

水がもれていることが判明しました。

水を使用するたびに、その劣化箇所から床下に水が垂れるため

気づかないうちに床下部分に水たまりができ、

それが床下結露や室内床面の湿気原因となっていました。

 

今回は塩ビの排水管を一部切断して、

劣化がひどく水もれしていた箇所の配管交換をして

水道修理完了しました。

 

洗面所の水道修理(排水トラップ配管交換)

20160923_101119.jpg

 

洗面台の下からつながっている

排水トラップといわれる排水器具から

水を流すたびに漏水がありました。

 

洗面所の排水器具というのは通常、プラスチック製の

器具が使われるものですが、

こちらのお住まいでは金属製の金具が使用されていました。

 

プラスチック製金具の場合には、接続部のパッキンなどを

取り替えるこのと漏水状態が改善されることもありますが、

年数の経過した金属製排水金具の場合は

腐食や損傷の可能性もあるため、

慎重な作業が必要になってきます。

また、金属劣化が激しい場合には、分解修理中に

破損してしまうおそれもあります。

 

外観から見て器具そのものが劣化している場合には

一部分の修理ではなく、あらかじめ器具そのものを

交換することをご提案させていただくこともございます。

 

キッチン付近で排水の臭いがひどい

20160921_130707.jpg

 

キッチンや洗面所などの排水臭がひどく、

収納扉の中に臭気が充満してしまったり、

様々な箇所に臭いが染みついてしまうことがあります。

 

このような場合には、排水管の防臭作業をすることで

嫌な匂いを抑えることが可能です。

 

作業料金は、一般的な排水構造の場合、

¥〜8000円 でおさまることが大半です。

 

ただし、お客さま宅の排水管構造によって

必ず対処をお約束できるものではありません。

特殊な配管構造になっている場合には

防臭用部材を取り付けすることができないケースもありますし、

排水管の傾斜が狂ってしまっていると

防臭作業をすることで水の流れが

若干悪くなってしまうこともありえます。

 

ですから、まずはこれらの排水構造を確認させていただき、

施工が可能かどうかを判断させていただくことになります。

 

洗面所の蛇口を開けると、洗面下に多量水もれ

20160917_121900.jpg

 

洗面所に付いているシャワータイプの混合栓で

水を出そうと蛇口のレバー操作をしようとすると

洗面台下に多量の水もれが起こるという現象が

非常に多いケースとしてあるものです。

 

このようなケースでは、

引き出して使用できるシャワー形状で多く起こる漏水で

シャワーホース部品や、その周辺が故障し

水漏れとなっていることが考えられます。

 

引き出しタイプのシャワーホースの亀裂や劣化による

水漏れ修理の場合は、適合部品にもよりますが

1万数千円ほどの交換作業となります。

(交換部材・作業費・出張費含む)

 

使用されているメーカーや型式により

適合部品が違いますので、料金にも幅がありますし、

スグ部材を用意できる形状のものと

取り寄せや注文製造となる場合もございます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

トイレの水が止まりきらない

20160518_170412.jpg

 

トイレで水の流れる音が止まらず、

ご自身で確認したところ、便器の中やトイレタンクの中で

水がわずかな量ですが常時流れ続けていたため

弊社に修理のご依頼をいただいた事例です。

 

トイレタンクの中には数種類の部品が設置されていますが、

原則としてどの部品も消耗品となります。

年数が経過すると、各部品とも故障してしまい、

止水するための機能が効かなくなってしまいます。

 

そのため、今回のような便器の中への漏水や

トイレタンク内で常時水が供給される現象が起こります。

 

今回は、トイレタンク内の部品を計2ヶ所交換する必要があり

併せて ¥15000+消費税額 となりました。

(トイレの形状や症状により、使用部品に違いがありますので、

 料金は変動することがございます。)

 

札幌市東区のトイレの部品修理

20160319_171855.jpg

 

トイレの部品の故障取り換えや修理にも

全般的に対応しております。

今回のご依頼は、トイレタンクの手洗い吐水口が

壊れて折れてしまったということで

部品取り替えのご依頼をいただいた事例になります。

 

部品の交換については、トイレの型式や製造メーカーなどにより

それぞれ使用部品というのは違いますが

ごく一般的な修理部材であれば、常時スタッフが

手持ちで取り揃えておりますので

ほとんどの場合にはその場で修理対応が可能になります。

 

使用する部品により、部品代・交換作業代に違いがありますが

故障の症状をお電話でお聞かせいただければ

概算の修理料金などはお伝えできることが大半です。

 

急な故障や水漏れなどでお困りの場合は

お気軽にお問い合わせください。

 

(トイレの温水洗浄便座やリモコン使用製品などの

 機械物の修理については弊社では対応しておりません。

 製造メーカーへのメンテナンス依頼が必要な箇所もありますので

 あらかじめご了承ください)

 

 

洗面台の排水口の故障

20150819_104256.jpg

 

洗面台の排水口が引き棒を操作することで

排水栓が上げ下げできるようなタイプのものを

ポップアップ式排水といいます。

 

この洗面のポップアップが故障して

うまく作動しないということが、器具劣化により

たまに起こる現象となります。

 

このような場合、部分的な調整や清掃などで

修理可能なケースもありますが、

それなりに年数の経過した器具の場合には

排水器具ごと交換しなければいけないことが多々あります。

 

今回も同様に、ポップアップ式の排水口の動きが悪く、

部品の交換が必要になりました。

ただし、このような排水器具というのは

部分的な取り替えができないものが多く、

排水口からその下のU字のパイプあたりまで

すべて含めて交換しなければいけないケースがほとんどです。

 

外部排水マンホールまわりの破損

20141206_111632.jpg

 

まわりがアスファルトで埋められている箇所の

排水ます(外部排水管途中の点検用マンホール)のまわりが

えぐれて空洞が空いてきているということで

調査のご依頼がありました。

 

排水マスまわりで陥没や地盤のへこみが出てくる場合には

地中の排水管などに損傷があり

地中内に汚水が漏れてしまっている可能性があります。

 

汚水が管外に流れ出ることで

地中の深い部分で土がえぐれてしまうため、

時間差で地面表面が陥没したり空洞があいてしまうことになります。

 

このようなケースでは、地面を掘りあげて

水が逃げていく原因となる箇所の修理や部分交換となります。

 

また、写真のようなアスファルト地盤の場合には

土だけの地盤の場合よりも、

解体や補修などの追加作業や、地盤の固さなどの影響で

通常よりも割高な作業料金となってしまいます。

 

埋設排水管の修理や工事については

必ず事前に現地確認が必要になりますので

気になる点があればお気軽にお問い合わせください。

 

札幌市東区のトイレ修理

20141023_104514.jpg

 

トイレの床面にいつのまにか水がたまってしまうので

いちど見てほしいということでご依頼のあった事例です。

 

トイレの床面に水がたまってしまう場合、

トイレと床の設置部分からの水漏れのケースと

どこからか水がつたってきたものが

床に溜まってしまうというケースとがあります。

 

今回は水道管からの水漏れが、配管をつたい

床面に漏れていたため、配管の修理となりました。

 

その他一般的に多い原因は、トイレタンクからの水もれや

ウォシュレット(温水便座)の故障による水漏れなどです。

(洗浄便座からの水漏れの場合は、製品製造メーカーでの

 修理となりますので、弊社では承ることができません)

 

ご自身でどの箇所からの水漏れなのか判断がつかない場合には

現地調査して原因を確定させることになります。

お困りの場合には、お気軽にお電話ください。

 

給湯ボイラー付近の水栓金具から水もれ(札幌市東区のお客さま)

_20171009_163258.JPG

 

札幌市東区にお住まいのお客さまより

給湯ボイラーまわりの水栓金具から

水がもれてきているということで

修理のご依頼があった事例です。

 

給湯機器まわりには様々な器具や金具が付いていることが多く

経年劣化により漏水が発生したり

故障によるボイラー異常が出ることもあります。

 

今回は給湯配管途中に取り付いている

水抜き用カラン部分の内部パッキンが劣化しての

漏水だったため、簡易的なパッキン取替えで対応可能でした。

 

症状や故障個所により、簡易的な水漏れ修理が可能な場合と

器具そのものを交換したり、

配管を併せての修理が必要な場合などもあります。

 

 

頻繁に排水つまりが起こる

20150803_111455.jpg

 

お住まいの排水管がおかしくなっているらしく、

頻繁に水つまり症状が起こってしまうので

改善できないかというご相談をいただいた

札幌市東区のお客さま宅です。

 

お伺いしてみると、外観から判断できるだけでも

かなり排水管勾配が悪くなっており、

室内の水を流しても、管内で水が停滞し

内部に引っかかってしまうため、詰まりが頻発するようでした。

 

このような状態になってしまうと

簡易的な補修や応急処置は難しく

原則として地面を掘り起こしての排水工事をする必要があります。

 

今回は、あまり多大な費用のかかる工事は

できるだけ避けたいのでしばらく使用できる範囲で

最低限で直したいというご要望があったため、

いちばん異常がある一部の範囲のみ交換工事しています。

ただし、部分的な工事は一時的な改善しか見込めない場合や

いつまたつまり再発するかの保証もできないものです。

ご予算都合もあるでしょうが、可能なかぎり

全体的な排水工事をお勧めすることもございます。

 

トイレの天井換気扇(パイプファン)の取り替え

20150802_154547.jpg

 

トイレ天井に付いている小型の換気扇の

音がうるさくなってきたのでみてほしいということで

ご依頼をいただいた案件です。

 

年数の経過した換気扇から異音などがある場合には

内部のモーターが劣化していることが主な原因ですので、

原則として換気扇本体を取り換えることになります。

 

写真のような15センチ角くらいの小型換気扇の場合、

吸い込み能力や形状、電気配線施工状況にもよりますが、

本体・交換工費含め、¥15000〜20000円

といった料金形態になってきます。

 

また、電動シャッターなどの機能が付いているものであれば

少々金額が高くなる場合もございます。

詳しくは現地確認をご依頼ください。

 

蛇口の頭の部分から水がもれる

20150112_074058.jpg

 

蛇口の頭の部分から水がもれてくるということで

水道修理のご依頼をいただいた

札幌市東区のお客さま宅の事例です。

 

お伺いすると、昔ながらの単水栓

(水蛇口・お湯蛇口が単独で別々のつくりになっているもの)

からの水もれでした。

このような形状の蛇口の場合、

大半の水漏れは汎用タイプのパッキンを取り替えることで

修理が可能になってきます。

(金具削れによる水漏れの場合は部品交換が必要になることもあります)

 

今回は、回して操作するハンドル部付近に入っている

ゴムパッキンの劣化による水漏れだったため

パッキンを交換して症状改善できました。

 

単水栓の汎用パッキンの交換の場合、

¥3000円 の修理料金となります。

(パッキン交換1箇所のみの場合)

 

 

トイレタンク下の太いパイプから水が漏れる

20141228_163040.jpg

 

こちらは、昔ながらのトイレタンクで、

タンクと便器が別々に分かれて設置されている

形状のものになります。

 

このようなトイレタンクと便器の間には

洗浄管といわれる太いパイプが接続されていて

タンクから水を流すと、この洗浄管を通って

便器内に水が流れる構造になっています。

 

この洗浄管にはいくつかの箇所にパッキンが入っているため

劣化することで、パイプの途中箇所などから

ポタポタと水漏れを起こすことが頻繁にあります。

 

このような場合には、

いちど洗浄管や付近の金具を分解しなければ

内部のパッキン交換などの修理ができないつくりになっています。

 

洗浄管パイプからの水漏れの場合、

分解して各所のパッキンをひととおり交換するためには

¥8000円程度の費用がかかってきます。

 

トイレの水詰まり

20141215_131257.jpg

 

普通どおりに使用しているつもりでも

トイレをうっかり詰まらせてしまうことがあります。

これは、大便やペーパー分量が多いのにもかかわらず

一気に流し過ぎてしまったり、

タンクの水が十分に溜まりきっていないのに

排水させようとしてしまうことで

水の勢いで押し切れずに便器内で引っかかってしまうことで

起きてしまう症状になります。

 

トイレットペーパーと便以外のものを流していない場合には

通常は簡易的な詰まり修理で対応できるものですが、

水に溶けにくいペーパー類をまとめて流したり

トイレの中に異物を落としてしまったりというような場合には

最悪、トイレを取り外しての大がかりな作業となるケースもあります。

 

今回は、単純なトイレットペーパーの流し過ぎによる

トイレつまりだったため、圧力工法による詰まり除去作業で

簡易的に修理可能でした。

 

トイレのレバー付近から水がもれる

20141028_103333.jpg

 

トイレのレバーの根元あたりから

水が少量漏れてくるということで

修理依頼をいただいた事例です。

 

このようなケースでは、トイレタンクの中で

水が噴き出して、その水が

タンクレバーの設置部やトイレタンクのフタの隙間から逃げてしまい、

このような水漏れとなることが大半です。

ですから、まずはタンク内の部品を確認し、

異常箇所を修理することが必要になってきます。

 

通常のケースでは、ボールタップという部品が故障して

水が飛び散るようになってくることが多いため、

この部品を交換することを想定していただくことになります。

いくつかの種類がありますが、汎用品の部品交換の場合

¥12000〜程度の修理料金となってきます。

 

壁の中の水道管が凍結で水漏れ

546h55gffdss.jpg

 

冬期間に不在だったため、室内の水落としをしていたらしいのですが、

水抜きが不十分だったのか、通水すると

壁の中から水漏れ音がしはじめ

どこからか床面に水が湧き出てくるということで

調査と修理のご依頼をいただきました。

 

壁の中や天井裏から水の音が激しく聞こえる場合には

水道配管が凍結により破裂したり、

何らかの原因で裂けたり外れたりしている可能性があります。

 

見えない箇所での水漏れの場合には、

無条件に漏水箇所を露出させる必要があります。

水漏れしている部分前後を配管交換するには

その箇所の経路や配管を確認できなければ

修理することはできません。

今回も、水漏れしている箇所を想定し、

付近の壁を開けてみると、水道管に亀裂しているのが見つかりました。

 

お住まいで使用されている水道管の種類によりますが、

今回の銅管配管は、損傷箇所のみ部分切断して

溶接でつなぎ直すことが可能です。

 

水の流れが悪いので高圧洗浄清掃をしてほしい

IMG_20170806_091049.jpg

 

室内の排水の流れが悪く、詰まり気味かもしれないので

高圧洗浄作業などの清掃をしてほしいというご依頼をいただきました。

 

通常、外部の排水管内の清掃には高圧洗浄機という

水圧を高めて管内を洗い流せる機器を使用して

洗浄と排水管清掃をおこないます。

ただし、どのような症状でもこの清掃作業で改善するわけではありません。

 

排水管が正常である場合には、内部に蓄積した

油汚れなどの付着をある程度高水圧で洗い流すことで

詰まり改善させ、室内の水の流れを良くすることが可能です。

しかし、排水管の傾斜が長年の地盤変化でおかしくなっていたり、

排水マス(マンホール)内部で劣化による損傷やひび割れなどがあると

トイレットペーパーなどが引っかかりやすくなり

定期的に詰まりが起きやすくなります。

このような排水管自体の異常があると、

いくら排水洗浄をしたところで、意味が無いこともありえます。

 

現状で詰まっているので清掃したいというご要望であれば

高圧洗浄作業をすることで詰り改善できますが、

イマイチ流れが悪い、定期的に詰まってしまう、などの場合には

現地確認したうえで、高圧洗浄清掃が本当に意味のある対応なのかを

判断していかなければいけないことがあります。

 

引き出せるタイプのシャワーヘッドから水もれ

IMG_20170811_101738.jpg

 

こちらは、洗面シャンドレに付いているシャワーで

シャワーヘッドを引っ張りだすと伸びるタイプの

レバー式の混合水栓になります。

 

洗面所だけでなく、最近はキッチンの混合栓も

このようなつくりになっていることが多いものですが、

この引き出せるタイプのシャワーというのも

年数が経過するとシャワーヘッドやホースから

水漏れを起こしてしまいます。

 

引き出し式のシャワーから水漏れがあった場合には

大半のものがシャワーヘッドもしくはシャワーホースの

部品の交換となります。

昔ながらのゴムパッキンの取り替えなどでは修理できない部分が多く

一部の交換用部品ごと取り替えなければいけないため、

修理の料金も¥1万数千円〜程度になります。

(部材代・取換工費含む)

 

また、お使いのシャワー蛇口品番や製造メーカーによっても

使用できる部品がそれぞれ違いますので

まずは現地で症状と型式の確認が必要になってきます。

 

レバー式の水抜き栓のレバーハンドルが固くて動かない

IMG_20170412_160925.jpg

 

こちらは近年使用されているレバーを上下させて

水を止めたり出したりするタイプの水抜栓(水道元栓)です。

古い形状のものは、白いハンドルをクルクル回して

操作するものがほとんどですが、

ここ15年〜くらいに設置されたものは一部を除き

大半がレバー式の水道栓になっています。

 

このタイプの水道元栓ですが、内部に入っている

ピストンといわれる部品に組み込まれているパッキン部が

固着したり、内部で引っかかったりすることで

レバーが動かなくなったり、

上がりきらない、もしくは下がりきらないなどの症状になります。

 

このような場合、いちど水道栓を分解し、

可動部を滑りやすくするためにグリスアップしたり、

パッキンを各所交換するなどの対処が必要になってきます。

 

水抜き栓形状や症状にもよりますが

修理料金のおおよその目安としては

¥8000前後になってくると思います。

 

水道管の途中に付いている蛇口から水もれする

IMG_20170517_142249.jpg

 

水道配管の途中に、蛇口が付いていたり

止水のためのバルブなどの水栓金具が付いていることがあります。

普段の生活の中ではあまり使用する頻度が少ない箇所のため、

内部のパッキンが渇いて硬化してしまい

水漏れを起こすということがあります。

 

一般的な器具や単水栓蛇口の場合には

汎用品のゴムパッキンを取り替えることで

漏水症状を改善できることがほとんどです。

修理費用は¥3000〜からになりますが、

漏水箇所によっては配管を一部外したり

蛇口や金具などを脱着しなければいけないケースでは

修理の金額が上がってしまうこともあります。

 

症状や配管状況によっても作業内容に違いがありますので

正確な料金については現地確認が必要となってきます。

 

 

止水バルブからの漏水

IMG_20170502_100157.jpg

 

写真のような止水用のバルブ金具というのは

ある経路だけの水やお湯を止められるように

各所に設置されているものです。

 

これらの止水器具から水漏れすることも多々あります。

ハンドルの根元あたりから水漏れすることもあれば、

水抜き用の弁やつまみ、フレキシブル配管との接続部など

様々な箇所から漏れる可能性があります。

 

ごく一般的なパッキンが入っていて、

簡易的にパッキン取換えできることもあれば

専用の特殊形状のパッキンが必要になるケースや、

部分取り替えができず、金具ごと交換しなければいけない箇所もあります。

 

水漏れ症状や箇所によって対処に違いが出てきますので

¥3000〜(パッキン交換の場合)から

金具と前後の配管の取り換えをしなければいけないために

¥1万数千円かかることまでケースバイケースになります。

 

外の水道栓(散水栓)の故障修理

IMG_20170411_104410.jpg

 

一戸建て住宅には、大半、外に水道栓と蛇口が付いています。

これを散水栓といいます。

この散水栓ですが、どうしても外に露出していることで

劣化や故障の割合が多くなってしまいます。

 

雪が解けて春になると、何らかの破損や故障があったり、

ハンドル操作ができなくなることが多々あります。

また、経年劣化により、室内の水道栓にも頻発する症状ですが、

地中でシューという水もれ音が響くこともあります。

 

これらの症状にも、全般的に修理対応いたします。

症状や現在使用されている散水栓によっても

対処が変わってきますので、お電話にて詳しい症状をお知らせください。