水抜栓・散水栓(外に設置されている水抜き栓)からの水もれ

 

水道局の水道料金検針のときに漏水の可能性を指摘されたり、

水道を使っていないのにもかかわらず、水の流れる音が気になることがあります。

このようなケースでは、かなりの確率で、水抜栓といわれる水道の元栓部分で水漏れが起きていることが多いものです。(冬場の水道凍結防止などのために水を落とす構造の操作部のことです)

 

通常は、元栓の内部に入っている複数の専用パッキンが劣化して

地中内に水が逃げていくことが多く、長い期間放置してしまうと

水道料金が高額になるだけでなく、建物の地盤にも影響が出てしまいます。

とくに一戸建て住宅では、住宅内に複数個所の元栓があり、

複数個所の修理が必要になるケースもあります。

また、40年ほど経過した、年数が古いタイプの水抜栓では、

内部パッキンのみの交換は推奨できないため、

ピストンといわれる部品ごとの取り替えが必要になることもあります。

 

この水抜栓ですが、現実的な耐用年数は40年程度を目安に考えるもので

あまり劣化がひどい場合や、修理対応で改善しない場合には

床下深くに埋まっている水抜き栓本体を掘り起こして交換する

大規模な工事をしなければいけないケースもあります。

 

 

※伸縮式の散水栓については、現在修理対応しておりません

 (地面から引っぱり上げることで水を出せる形状のもの)

※修理後には漏水により高額になった水道料金引き下げのための

 免額申請書類を弊社より水道局に提出することができます。

札幌市以外の地域のお客さまは、水抜栓の漏水修理はお受けできません

 石狩市・江別市にお住まいの方は、地元の業者さんにご依頼ください。

 

 


 

 

 

作業料金例 (札幌市内のみ対応

(すべての表記は、出張費や作業工賃、部材代などを含んだ金額です)

※下記の料金に別途消費税額が加算になります

水抜き栓のパッキン交換 1組 ¥8000〜9000

水抜き栓のピストン部品交換

(製造より40年以上前の型式の場合や内部部品が摩耗している場合)

1式 ¥15000〜16000

水抜栓が固くて回らない

(40年以上経過している場合は

 対応不可)

  ¥8000〜9000

レバータイプ水抜栓のパッキン交換 

  ¥8000〜11000(交換必要なパッキン数による)
レバータイプ水抜栓のピストン部品交換  

¥15000〜18000

散水栓の漏水 パッキン交換の場合   ¥8000〜9000

散水栓の水漏れ ピストン交換の場合

  ¥15000〜16000

散水栓の蛇口が吹っ飛んだ場合

(水道凍結の影響で取付箇所から

 抜けたり激しい漏水する場合)

  ¥15000〜20000
レバータイプ水抜栓のレバーハンドル部品交換   ¥16000〜

室外水抜栓本体の交換工事

(設置状況や掘削スペース、

 埋設長さにより大きく変動あり)

  ¥75000〜

室内水抜栓本体の交換工事

(設置状況や掘削スペース、

 埋設長さにより大きく変動あり)

 

¥85000〜

   

 

   

 

     
   

 

 

一般的に旧年式の水抜き元栓で主流なものは、白ハンドルなどを時計まわり・反時計まわりにクルクル回して操作する構造になります。

高年式のタイプは、レバーを上げ下げして通水・止水する構造になります。

修理については、レバータイプ形状のほうが若干高い料金になる傾向があります。

 

※上記料金表でレバータイプ記載のない項目は、ハンドルを回す形状の水抜栓を想定した金額帯となっています。

※上記はごく一般的に札幌市内で使用される頻度の高いタイプでの料金形態となっております。

 

水抜き栓付近から水の音がする

clip_image00213-thumbnail2.jpg

 

水道管の近くから常に水の音が聞こえるので修理してほしいとご依頼がありました。


確認にお伺いすると水道の水抜栓で地下漏水しているようでした。


水抜栓の内部には上の写真のような部品が入っていて、この部品に組み込まれているパッキンが劣化していると、地中部で水漏れがおこります。


修理の方法としては部品の交換、もしくはパッキンの交換になります。

(状態によってどのような対処をするか違ってきます)


修理費用は部品交換の場合は¥15000〜16000、パッキンのみの交換の場合は¥8000〜9000程度になります。

水抜き栓(地中の水道栓)の交換工事

IMG_20170418_122540.jpg

 

水抜き栓といわれる、水道の元栓が漏水してしまうことは

よくありがちな症状です。

通常は、内部のパッキン交換や部品交換などで

修理対応できるものですが、

地中に埋まっている水抜栓や散水栓などが腐食などで

本体損傷してしまうと、地盤の中に埋まっている

水抜き栓を掘り起こして交換という、大がかりな工事が必要になります。

 

地盤が掘りやすい土なのか、コンクリートやアスファルトなど

解体しなければいけない地盤かによっても作業の手間や金額に

大きな違いが出てきますし、

外を掘りあげるのか、室内の床下なのかによっても

大幅に違いがでてきます。

 

まずは現地の確認が必要になってきますので、

お気軽にお見積をご依頼ください。

 

水道の元栓や外の散水栓から、シューッと音がする

2011051814070000-thumbnail2.jpg

 

水道の元栓である「水抜き栓」付近で、常時シューッ!!と音が鳴りひびく場合には、水抜栓内部の根元にあるパッキンや部品が劣化していることがほとんどです。

 

今回の場合は、水道局から、水道料金が上がっているとの指摘を受けたため、水道局指定工事業者である当社で調査したところ、水抜栓で地下漏水していることがわかりました。

 

水抜栓を分解し、ピストン(水抜き栓下部に設置されている部品)を確認したところ、やはりパッキンが切れてしまっていました。

水抜き栓ピストンパッキン交換にて作業完了しました。

 

中には、パッキンの交換で対処できないものや、劣化がひどいため部品ごとの交換が必要な場合もあります。

(水抜栓本体の腐食や損傷で、水抜栓ごと交換しなければならないこともまれにあります。)

修理費用は、作業内容に応じて、 ピストンパッキン交換¥8000〜 ピストン部品交換¥15000〜(水抜き栓のタイプによる) となっております。

 

電動タイプの水抜栓が動かない

B2E8C1FC20021-thumbnail2.jpg

 

水抜栓(水道の元栓)には、手動で動かすものと室内の操作盤によって電動で動かすものがあります。

写真の水抜き栓は電動タイプのモーター部分になります。

 

室内の操作盤で水を止めようとしても水がとまらない、逆に水が出てこないときは、電動水抜栓のモーター故障や、モーター内部の部品やパッキン不良が考えられます。

 

また、電動水抜栓から漏水している場合も同様に、モーター部分解して内部の部品やパッキンの交換をすることになります。

 

部品やパッキン取替えの場合の修理費用は¥8000〜16000くらい、モーターや操作盤の故障の場合は現地見積もりとなります。