壁の中で水がボタボタ落ちる音が響く

IMG_20210208_155213.jpg

 

ふと気づくと、壁の中から水の滴り落ちるような音が聞こえ

床下にも水が溜まっているということから漏水が判明し

水道修理のご依頼をいただいた豊平区の事例です。

 

壁の中などの隠蔽箇所の場合には

無条件に水漏れ個所を見える状態にしなければ

修理をおこなうことがむずかしいため

まずは壁のクロスやボードを剥がすことになります。

 

水漏れしている箇所の判断ができるようになったうえで

部分的に水道管を交換したり、

別な経路で配管をつくったりと、

構造に応じた対処を考えていくことになります。

 

解体した内装部は、水道修理後に簡易補修までおこないます。

そのため、補修しやすいようなかたちで

壁を剥がしていくことになります。

 

 

洗面シャワーのヘッドが壊れた

オーロモンテ403 作業後.jpg

 

シャワータイプの洗面カランで

シャワーヘッドが割れてしまい水がもれると

ご依頼のあった札幌市豊平区のお客さま宅です。

 

シャワーヘッドなどの部品はプラスチック製のもので

経年劣化により割れてしまうことがあります。

 

他にも、水がヘッドの隙間から飛び散ったり

シャワーと吐水の切替部が壊れたりと

様々な故障が起こることもあります。

 

お使いの水栓によりますが、

メーカーでまだ部品が残っている場合には

シャワーヘッド部分だけの取替えが可能になります。

 

これらの洗面シャワーはどのような形状のものでも

取付ができるというわけではなく、

その水栓の型式にあった適合品しか取り付けることができないため

まずは現地調査をしたうえで、部材の有無を確認し

まだ手に入る場合には取り寄せ発注するという流れになります。

 

 

天井からの水もれ修理

IMG_20210209_121039.jpg

 

突然天井から水がもれてくるようになったと

水道工事のご依頼をいただいた事例です。

 

室内の水道管というのは部屋中の蛇口箇所まで

天井裏や壁の中を通ってつながっているものです。

この水道管が老朽化したり、水道凍結による破裂などで

突如水もれを起こしてしまうと

見えない箇所の水道管のため

修理するのに手間のかかる厄介な作業になることがあります。

 

今回は水もれ箇所のすぐそばに天井点検口があり

そこから状況の確認と水道修理が可能な構造でした。

そのため、わりと容易な作業で完了できています。

 

今回のようにすぐそばに点検口がないケースなどでは

天井の内装部分をいちど解体して

水もれしている水道管の箇所断定から始めることになり

場合によっては非常に大掛かりな工事になることもあります。

 

水の流れる音だけが、どこからか響く

IMG_20210221_101724.jpg

 

お部屋ですべての蛇口を閉めて使っていないのに

どこからかシューという水の流れ続ける音が聞こえ

だからといって目に見える箇所で水が漏れてくるわけでもなく

不思議に思いながらお問合せの電話をいただくことが多々あります。

 

また、普段生活している中では気づかず、

水道局の水道料金検針のときに漏水を指摘されて

はじめて気づくこともよくあるものです。

 

ほとんどの場合、お住いに必ず設置されている

水抜き栓といわれる水道の元栓が劣化して

地中に漏水しているケースになります。

 

このような症状の場合、水抜き栓本体が腐っていないかぎり

内部に入っている専用のパッキンや部品で

水もれ修理できるものです。

 

費用はお住いに設置されている水抜栓の

年式や型式、設置構造などにもよりますが

一般的には¥8000〜9000円程度(パッキン交換の場合)です。

 

壁の中から水の音がして、床からも滲み出てくる

12 洗面台取り外し.jpg

 

札幌市豊平区にお住いのお客さまより

壁の中で水の流れるかすかな音がして

床面にも水が溜まるようになったということで

調査にお伺いした事例です。

 

現地確認させていただいたところ、

洗面化粧台の付近の床から水が滲みだし

壁に耳をあてるとわずかですが水の流れる音が確認できました。

 

通常、見えない箇所からの水道の水漏れの場合

その箇所を露出させなければ直すことはできません。

今回は洗面化粧台をいちど取り外し

さらに洗面裏の壁ボードを剥がし

壁内の水道管の水漏れ箇所を、

配管部分交換をして水道工事完了しました。

 

洗面所の下から水もれ

9 洗面所作業前.jpg

 

洗面所の化粧台下から水がもれているということで

水道修理のご依頼をいただいた札幌市豊平区の事例です。

 

洗面化粧台の収納扉の中には洗面の排水管や、

蛇口につながるお湯と水の水道管が設置されています。

各所とも劣化が進むと様々な症状の水漏れにつながります。

 

今回はお湯の水道配管の途中から水が少量もれていて

普段は物入れとなっているスペースで

なかなか気づきにくい箇所のため

水漏れしてくる範囲が広がるまでわからない状態でした。

 

確認させていただいたところ、蛇口につながる給湯管に

経年劣化による腐食で小さな穴があき

そこから微量ずつ漏水していたようです。

 

今回は給湯配管の部分的な取替えをして

作業完了しています。

 

 

トイレの水道修理

DVC00099.JPG

 

トイレのタンク部分につながっている

水道管から水がもれているため

修理してほしいというご依頼をいただいた

札幌市豊平区にお住まいのお客さま宅です。

 

トイレ水道管の接続部には通常パッキンが入っています。

この給水パッキンが劣化すると水漏れしてしまいますし、

水道管そのものの経年劣化での腐食や

変形などによる水もれの可能性などもあります。

 

水もれ症状や水道管の材質、使用部材などによっても

修理料金や作業内容に違いがあります。

お困りの場合にはお気軽にお問い合わせください。

 

洗濯用の蛇口からの水もれ修理

2014110117410000.jpg

 

洗濯機用の蛇口から水がもれているため

水道修理をご依頼された札幌市豊平区のお客さま宅です。

 

洗濯用蛇口が劣化してくると、

ハンドルの根元や下あたりから水が垂れてきたり、

洗濯機に水を供給するための給水ホースと

蛇口との接続部あたりから水が漏れることが多々あります。

 

よほど蛇口本体の劣化が酷くないかぎり、

これらの症状は、パッキンの交換や、

軽微な部品交換で修理することが可能です。

 

今回は、ハンドル内部のパッキンを2ヶ所取り替え

¥4000 + 消費税額 となっています。

部品の交換が必要なケースでは、

今回の事例写真のようなごく一般的な手回しハンドルの場合、

¥5000〜7000円程度の部材費・作業費でおさまります。

 

キッチンの蛇口裏側からの水漏れ修理

1326685409586.jpg

 

キッチンに設置している混合栓蛇口の裏側から水がもれ、

流し台下の収納スペースの中に

水が落ちてくるということで

調査・修理にお伺いした札幌市豊平区のお客さま宅です。

 

かなり古い年数が経過した混合水栓を使用していて、

この蛇口と一体になっている銅パイプ部分から

腐食によって小さな穴があいてしまっていました。

部分的な修理ができる箇所ではないため

今回は蛇口本体ごとの取り替え作業となっています。

 

通常、混合水栓などの耐用年数というのは

10年〜程度といわれています。

あまり極端に年数が経過したものは

修理をしても、その後別な箇所の故障が出てきたり、

部品供給ができないために修理不可能となるケースもございます。

 

洗面所の水つまり

20160613_100639.jpg

 

洗面台の水を使用すると、ボウル部分に水が溜まり

なかなかその水が引いていかないということで

水つまり修理のご依頼をいただいた札幌市豊平区の事例です。

 

洗面の水つまりの場合には、

排水口付近から圧力をかけて除去できるケースと

排水金具を分解しての詰まり物除去が必要なケースがあります。

 

微量な髪の毛などの流れ込みなどで

わずかに水の流れ方がおかしい場合には

圧力工法により、¥6000円程度の作業料金となります。

 

逆に、詰まりの症状がひどく、

水があからさまにボウル部分に溜まる場合には

排水器具の分解が必要になることがほとんどで、

費用は一般的な排水器具の場合 ¥8000〜となります。

 

今回は排水器具の取り外しを伴う水つまり修理となり、

¥8000 + 消費税額となりました。

 

特殊な構造の排水器具や、

金属製の排水器具を使用されている場合には

修理料金が割高になることがございます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

 

水栓金具からの水もれ

20160422_094333.jpg

 

水道配管経路には、蛇口のほかにも

様々な金具が取り付いているものです。

これらの水道金具も古くなって劣化してしまうと

あちこちから水がもれてしまうものです。

 

今回は、分岐栓といわれる金具から水がもれてしまうと

修理のご依頼をいただいた豊平区の事例になります。

 

分岐栓とは、アパートのガス給湯器下などに付く、

蛇口や配管経路を分ける器具のことです。

この分岐栓の側面部から水もれすることが多く、

今回の漏水も同様の箇所でした。

 

こちらのケースでは専用の部品を取り替えして

漏水修理完了することができました。

今回の修理費用は ¥6000+消費税額でしたが、

あくまで器具の種類や水もれ箇所などにより

修理工費や使用部品に違いがありますので予めご了承ください。

 

洗面シャワーの付け根から水がもれる

20151107_152146.jpg

 

洗面台の下に水がもれているということで

調査と修理のご依頼をいただき、

お伺いした豊平区のお客さま宅です。

 

現地確認したところ、洗面シャワーのホースに

経年劣化による亀裂が入ってしまっていて

水を出すたびに洗面下扉内のホース部分で水が漏れ、

洗面下が水びたしになっていた状態でした。

 

シャワーホース部分が引っ張り出せる形状の

洗面シャワー蛇口の場合、ごく頻繁にこのような症状が起こります。

これらの漏水では原則、シャワーホースなどの

部品交換が必要になってきますが、

それぞれの蛇口の型式などにより適合する部品がすべて違うものです。

 

まずは、現地確認させていただいたうえで、

適合する部品を手配することになります。

(即日用意できる部材もあれば、形状によって

 メーカーから取り寄せが必要なものもあります。)

 

 

トイレに携帯電話を落としてしまった

20141229_162911.jpg

 

トイレを使用している最中にポケットに入れていた

携帯電話を落としてしまったことに気付かず

そのまま水を流してしまったため、

携帯がトイレの便器内まで流し込まれ

その後トイレがつまったような症状になってしまったと

豊平区にお住まいのお客さまより緊急修理依頼がありました。

 

水だけ使用すると、何とか流れていくものの

ペーパーなどを流した場合には水位が浮き上がってくることでした。

 

携帯電話に限らず、トイレに異物を流してしまった場合には

よほど小さなものでなければ、

便器の中に残って引っかかってしまうものです。

 

このような場合、トイレをいちど取り外し

中に入っている異物を取り除く作業となってきます。

トイレの取り外しと異物の詰まり除去は

トイレの形状や、外した後交換が必要になる接続部材などにより

料金に変動ありますが、通常は

¥20000〜25000円程度の修理料金となります。

 

 

トイレタンクの下から水がもれてくる

20141221_115309.jpg

 

トイレの水を流すと、タンクの真下あたりから

水もれがしてくるということで

トイレ修理のご依頼があった豊平区の事例です。

 

便器とトイレタンクが接続されて

一体のようになっている形状のものは、

接続部に専用の止水部材が付いていることが多々あります。

この部材が劣化してきてしまうと

水を流したときに止水しきれなくなり

トイレタンクの真下あたりから水が床に垂れてくることになります。

 

この場合、いちどトイレタンクを取り外し

部材を交換することになります。

また、それに伴って水道管やその他の内部金具まで

取り外しが必要になることもあります。

トイレの形状やタイプにより

8000〜12000円程度かかるケースが多いです。

 

札幌市豊平区の排水管交換工事

20141023_113135.jpg

 

定期的に外の下水で詰まりが起こり

室内の水が流れなくなってしまうことがあるということで

排水の調査依頼をいただいた豊平区の事例です。

 

地中の中に埋まっている排水管は

地盤の変化などによって勾配が変化してしまうと

水が流れにくくなってしまい、

その結果として下水管内での水つまりが起こりやすくなります。

 

今回も同様に、埋設されている下水の配管で

傾斜不良になってしまっていて、

排水ますの蓋を開けると、中に水たまりができていました。

正常な状態であれば、排水桝のフタを開けると

中は空っぽになって水は残っていないのが普通です。

(排水マスの構造により水が溜まる形状のものもあります)

逆に、マスの内部に水が溜まっているのであれば、

排水管がおかしくなっている可能性が高いのです。

 

こちらのお客さま宅では、排水ますと一部の排水管を

地盤を掘りあげて交換工事をすることとなりました。

 

お住まいの排水まわりの事で

気になる事象がありましたら、お気軽にお問合せください。

 

トイレタンクの水の出や水のたまるスピードが遅い

20150908_113933.jpg

 

トイレタンクに水がなかなかたまらず、

手洗い口からの水の出も悪くなっているということで

ご相談いただいた札幌市豊平区のケースです。

 

トイレタンクの水の溜まるスピードが遅いという場合は、

水道管からの水が制御されている可能性があります。

とくに、古い配管を使用しているお住まいでは

水道管内の錆びなどが配管途中や

トイレタンク付近の器具内部に引っかかってしまい、

それが水の通り道を塞ぎ気味にしてしまっていることが多々あります。

 

このような場合には、水道配管や

トイレタンク付近の器具などを分解し

内部の錆除去をする必要があります。

 

ただし、あまりにも水道管の劣化具合がひどく

管内のサビの状況が尋常ではない場合には

水道管を取り換える工事をしなければ

繰り返し同様の水道詰まりを起こすこともありますので

状況に応じて工事のご提案を差し上げることもございます。

 

お持ちのシャワートイレ(便座)の取付

20150815_111435.jpg

 

持っているシャワートイレ便座(ウォシュレット)を

新しく引っ越した先に取付してほしいと

洗浄便座交換のご依頼をいただいた件です。

 

洗浄便座の取り付け・取り外しは

現状のトイレ配管などにより

別途部材が必要だったり、

水道管の長さ調節などの作業を

追加でおこなわなければいけないケースもあります。

 

ウォシュレット・シャワートイレなどの

洗浄便座(おしりを洗う機能がついている便座)の

取り外し、もしくは取付け作業工費は、

基本料金¥8000円〜より

(追加部材・追加作業ある場合は〜¥12000)となります。

※ 追加部材が必要な場合や、水道管の長さ調整作業、

壁リモコンの取付などがあるケースは

追加料金扱いとなります。

 

室内の水の流れが悪く、ゴボゴボと変な音がする

20150723_103915.jpg

 

お部屋の中の水の流れがあちこち悪く

流し終わるとゴボゴボ音が気になるということで

調査依頼をいただいた札幌市豊平区の事例です。

 

このようなケースでは、下水の配管で

何か異常があることが考えられます。

宅地内の排水桝(マンホール)を確認させていただいたところ、

桝の中で水たまりになっているのがわかりました。

 

この排水桝というのは、下水の配管内の点検や清掃をするために

設けられているもので、一般的な一戸建て住宅では

敷地内に複数個所設置されています。

 

この排水桝は雨水用でないかぎり

底部分全体に水たまりができるということは

正常であればありえない構造になっています。

ですから、今回のように蓋を開けて覗くと

底部分が全体的に水たまりになっているケースでは

配管内の異常があるということになります。

 

排水というのは、公共の下水に向かって

傾斜を付けて汚水を流していくつくりになっていますが、

この傾斜が地盤の変化などによって狂ってしまった場合、

今回のように水が管内にたまってしまって

室内からの水がすんなりと排出できない状態になってしまいます。

 

排水管異常がある場合には、大がかりな工事になってしまいますが、

地面を掘り起こして、埋まっている排水管を取り替えていくことになります。

工事にかかる費用は、状況に応じて大幅に変わりますので

必ず現地を確認させていただく必要があります。

 

トイレ便座の交換をしてほしい

20150116_132328.jpg

 

引っ越しなどに伴い、手持ちのトイレ便座を

取り付けしたい、取り外ししたいなどの

ご要望にも対応しています。

 

今回は札幌市豊平区のお客さまより

あらたに入居したお部屋のトイレに

引っ越し前の住宅で使用していた

洗浄便座を取り付けだけしてほしいということでのご依頼でした。

 

ウォシュレットやシャワートイレなどの

洗浄便座部分だけを取り換えする場合、

水道管を調整・一部交換したり、

各所のパッキンや金具をあらたに用意する必要が

出てくるケースがあります。

そのため、現地配管状況やお手持ちの洗浄便座により

作業費に違いがありますので、

¥8000〜12000円の幅を考えていただくことになります。

 

今回のお客さま宅では、特別な追加部材は必要なく

取り付けが可能だったため、

¥8000 + 消費税額の料金となりました。

 

 

水栓金具からの水もれ

20150102_223133.jpg

 

水栓金具から水漏れがあるため、

修理のご依頼をいただいた豊平区のお客さま宅の事例です。

今回はお風呂に付いている特殊形状の水栓金具で、

シャワーホース接続箇所の金具からの漏水でした。

 

漏水箇所や、構造によっては

部品の取り替えが必要になるケースも多々ありますが、

今回は接続部のパッキンを交換するだけで

水もれ修理することができました。

 

水栓金具や蛇口の汎用パッキン交換や

簡易修理の場合の費用は、¥3000〜となります。

 

 

車庫天井から排水管をつたって水漏れしている

20141216_150206.jpg

 

1階が車庫と物置用のスペースになっているお住まいで

この天井部から水が滴り落ちてきているということで

調査と水漏れ修理のご依頼がありました。

 

車庫内の排水パイプの保温材まわりを調査しましたが、

見えている配管から直接水漏れしているのではなく、

上階で水漏れしたものが、逃げ場所を探して

隙間から車庫内パイプをつたって水漏れしていることが判明しましたので

上階フロアの水漏れ調査に切り替えしました。

 

今回の原因としては、外観からわかりにくい流し台の裏側で

配管の腐食による漏水があり、

それが壁内や床の隙間、配管パイプまわりから

下の車庫内天井を通っている排水パイプまでつたわり

1階での水漏れ症状になっていたようです。

 

このように、天井部分からの水漏れの場合、

そのフロアだけでなく、上階の調査も必要となることが多々あります。

今回は一戸建てのお住まいのため、スムーズに上階確認できましたが、

アパート・マンションなどで天井からの水漏れ調査の場合は

上階への立ち入り手配をいただいてからのお伺いとなります。

 

水の流れが悪く、定期的に詰まってしまう

20141023_113151.jpg

 

こちらは、地中内に埋まっている、汚れた水が流れ出る

排水管の配管になります。

この排水管というのは、傾斜をつけることで

スムーズに排出されるものですが、

年数の経過とともにこの地中内の傾斜が狂ってしまうと

正常に水が流れなったり、管内に汚れが蓄積したりするため

頻繁に詰まりが起こりやすくなってきます。

 

また、いくら排水詰まり修理をおこなったとしても

排水管自体に傾斜不良などの異常があれば

少し時間を経過すれば、詰まり症状が再発してしまうものです。

ですから根本的な解決策としては、地盤を掘り起こして

異常がある部分前後の埋設排水管を取り替える工事をするしかありません。

 

排水管の工事費は、お住まいの配管状況や経路、距離やスペースなどにより

大幅に違いが出てくるものです。

まずは、現地調査することで概算お見積りを出すことができますので

お気軽にお問い合わせください。

 

 

鉄製の排水口のつまり修理・清掃作業

110818_172318.jpg

 

古い鉄筋マンションなどで、

お風呂場や洗濯排水まわりの排水口が

鉄製の排水口になっているケースがあります。

このような排水では、鉄のサビが増殖して

水つまりを引き起こすことが多々あります。

 

排水口というのは、もともと臭気が上がってくるのを

防止するために、入り組んだつくりになっています。

鉄排水口の場合、その内部の入り組み部分で錆付着が酷くなると

細かな汚れや髪の毛などがその部分に引っかかり、

水が正常に流れなくなってしまうのです。

 

このような鉄排水の場合、修理対応可能かどうかは

排水口形状により違ってきます。

鉄製であるがゆえに、排水口自体が劣化してもろくなっているため

損傷の可能性を考えると、あまり無理な作業はできません。

ですから、排水口の構造やつくりによっては

対応をお断りするものもあります。

また、つまり修理対応が可能な場合についても、

一般的なプラスチック製の排水口での詰まり修理料金よりも

高額になってくることがほとんどです。

 

今回の事例では、内部の清掃と、業務用薬剤を併用した

詰まり除去作業でかなり水の流れは良くなりましたが、

やはり内部の錆付着が完全に無くなるわけではないため、

どうしても新築時のような軽快な流れとまではいかず

適度な流れ方になったことで作業終了とさせていただいています。

 

混合栓裏側のパイプから水もれ

IMG_20170624_141139.jpg

 

台所の混合栓蛇口や洗面所の混合水栓では、

流し台シンク裏や洗面化粧台裏側から

固定取付されている形状の蛇口があります。

 

この蛇口裏側の固定部付近やパイプ部分から漏水するなどの

水漏れ症状がおこることがあります。

接続不良やパッキン取付部の劣化が原因の場合もあれば、

混合栓本体のパイプ劣化により、

部分修理ができないため、混合水栓の交換が必要なこともあります。

また、蛇口の吐水部やシャワーホースからつたった水が

隙間をとおって裏側に水漏れするようなケースもありますので

原因調査には必ず現地確認が必要になってきます。

 

症状も修理の内容も、その漏水原因によって異なります。

 

 

 

トイレの洗浄便座の取り付け工事

IMG_20170531_091116.jpg

 

トイレの洗浄便座(ウォシュレット・シャワートイレ)などの

交換作業にも全般的に対応いたします。

 

洗浄便座を当社で用意することも可能ですし、

お客さまご自身でウォシュレットをご用意したものを

取付設置のみ代行することもできます。

 

シャワートイレの取り付けのみ(設置代行作業のみ)の場合、

¥8000〜12000程度の費用となります。

これは、取付作業に伴い、配管の調整や部分交換、

止水バルブや接続金具などの追加が必要か、

パッキンの追加が必要かどうかなどにより違ってきます。

 

また、リモコン式タイプの場合や、

古い便座の廃棄処分が必要な場合には

諸費用が別途必要になることもございます。