本部・管理部 北海道札幌市東区北37条東28丁目3番地

施工部 北区北33西2 販促営業部 中央区南5西15

営業時間
朝8時~夜11時

7月24日(水)工事のため朝~18時まで電話不通です

当社は戸建住宅・アパートマンション(共用部除く)の

水道修理・メンテナンス専門の札幌地元業者です

011-789-2432

業務多忙なタイミングで
お電話がつながりにくい場合もございますので、
しばらくしてからおかけ直しいただければ幸いです。 

浴室のシャワー蛇口の水が止まりきらない

浴室のシャワー蛇口の水を止めようとしても

操作部が効かなくなり、水が止まりきらないと

蛇口修理のご依頼をいただいた案件です。

 

こちらのお住まいでは、温度調節付きの

サーモスタット混合栓といわれる混合水栓を使用されていて

シャワーと吐水パイプの水の切替を

ハンドルで操作する形状の蛇口でした。

 

このような形状の混合水栓では

今回のように水が止まらない場合、

ハンドル内部の切替バルブの故障となり部品交換が必要になってきます。

 

切換えと止水をおこなうユニット部品ごとの取り替えは

お使いの蛇口により適合品が違ってきます。

 

弊社では各メーカーの様々な取り替え部品を

常時取り揃えていますが、中には取り寄せ注文となり

お日にちいただくケースもございます。

また、蛇口本体の耐用年数を超えている年式のものは

部分的な修理よりも蛇口そのものを

新品に取り換えるほうが良い場合もあります。

 

お困りの場合にはお気軽にご相談ください。

庭の水道栓の蛇口が吹き飛んだ

戸建て住宅の外に設置されている水道栓の故障事例です。

庭に水をまいたりする時に使用されるこの水道栓は

散水栓と呼ばれ、様々な形状のものがあります。

 

今回の散水栓は、止水する白ハンドルの操作部の隣に

蛇口につながる立ち上がり管がある形状のもので

25年以上前のお宅ではごく主流となるモデルです。

 

この散水栓の蛇口付近の固定金具部分から

すっぽり抜けてしまい、水が噴き出すことがあります。

固定金具自体の経年劣化原因の場合もあれば、

冬期間の水落としが不十分で凍結してしまい

その影響で破損気味になり吹き飛ぶこともあります。

 

こちらのお宅でも、春になってから

しばらく止めていた散水栓の元栓操作をして

水を使おうと思った矢先に、蛇口付近から外れ

水が勢いよく噴き出したということでした。

 

このようなケースでは、原則として

接続金具付近の交換が必要になってきます。

修理費用は ¥18000円程度

(交換部分により変動)となっています。

 

また、同じ散水栓でも、水栓柱タイプや

伸縮式(押し込んだり引っ張ったりして操作するもの)

などの形状の場合、弊社では内部の修理はおこなっておりません。

製造メーカーへのメンテナンス依頼が必要になってきます。

蛇口のパッキンの交換

単水栓(混合タイプではない単栓カラン)や

2ハンドル方式の混合水栓では

水漏れ時に内部の汎用パッキンを取り替えることで

症状改善できることがほとんどです。

 

昔ながらの構造の蛇口には、いたるところにパッキンがあり

水もれ箇所に応じてその症状に対応したパッキンを交換します。

 

蛇口の使用年数が古い場合には

内部の金属削れなどが原因で

パッキンのみの取替えでは直らないケースもありますが、

まずは簡易的なパッキンの交換をしたうえで

それ以上の不具合があれば、内部部品の交換や

蛇口そのものの取り換えをするという判断になってきます。

 

蛇口のパッキン交換作業は

¥4000〜からとなっております。

壁の中の配管水もれ(札幌市東区の水道工事事例)

水道管も使用年数が古くなってくると

サビや腐食によって表面に穴があいたり

つなぎ目から水がもれだしたりすることがあります。

 

このような場合には、最低限でも

水もれしている箇所の修理をおこなわなければ

お水が使えなくなってしまいます。

 

腐食原因での水もれの場合には

水漏れしていない箇所の水道管も同じ年数が経過しているため

いつ他の部分で腐食が広がり漏水状態になってしまうか

わからないという危険性もあります。

 

腐食が激しくなると、赤水が出てくる原因となったり、

繰り返しピンホール水漏れが起こる可能性があり

室内のすべての水道管を取り替える工事をするのが

理想的というようなケースもあります。

 

今回は、突然の水漏れのため、

大がかりな工事はいずれおこなうものの

費用のかかる作業になるため、

取り急ぎ現在水漏れしている箇所をなんとかしてほしいと

お客さまよりご依頼があったため

部分的な水道管修理をしました。

 

通常古い配管は30年前後で寿命が来てしまいます。

大事にならないうちに、配管工事することで

無駄な費用が結果的に抑えられることもあります。

お風呂の天井換気扇が動かなくなった

札幌市東区にお住いのお客さまより

お風呂場の天井換気扇からしばらくのあいだ

おかしな異音が続いていて、

とうとうスイッチを入れても動かなくなってしまったと

現地確認のご依頼がありました。

 

換気扇というのは電化製品のようなもので

一定期間で寿命がきてしまうものです。

換気扇内部のモーターに年々負荷がかかり

最終的にモーターが故障してしまうと

原則換気扇本体の取替えが必要になってくるものです。

 

ごく一般的な家庭用のお風呂場の天井換気扇の場合

お風呂場単独での換気方式タイプで

交換作業費や換気扇本体を含め

26000~円程度の料金が必要になります。

札幌市の水道局からトイレタンクの中で漏水の指摘

2カ月にいちどの水道メーター検針のときに

水道料金が高くなっているのがわかり

水道局で確認してもらったところ

トイレタンクの中の部品が老朽化していることで

水道が常に少量ずつ流れ続けていることが判明しました。

 

水道局では直接的に室内の水道工事はおこなわないため

弊社にご紹介いただき、お伺いする運びになりました。

 

今回は、トイレタンクの中に設置されている

ボールタップという水の供給を調整する部品が

経年劣化により摩耗してしまっていたため

ボールタップ部品の交換にて水道修理完了しています。

今回の費用は ¥14000+税額となりました。]

 

トイレタンク内にはこのほかにも様々な部品があり

同様の症状でも交換する部品により費用に変動があります。

また、お使いのトイレのモデルによっては

製品メーカーさんでなければ修理できないタイプもあります。

詳しくはお気軽にお問合せください。

床下の排水管の配管工事

キッチンの水の流れ方がおかしいということで

調査にお伺いしたお客さま宅の事例です。

 

排水が外のマンホール(排水桝)まで

流れてこないため、床下を確認したところ

排水管の一部が折れて損傷し

そこから床下の地中部へと

水が垂れ流しになってしまっていました。

 

その地域で地盤の沈下が激しい場合や

地震の影響などにより地中に埋設されている

排水管に負荷がかかり、勾配が狂ったり

今回のような損傷につながるケースがほとんどです。

 

地震など強い衝撃がかかった場合、

瞬時に異常が出てくるケースもあれば

時間が経過してひどくなったり

数年後にようやく異常が判断できることもあります。

 

今回は床下の排水管の損傷個所付近を

前後距離をとって排水工事して正常に使用できるよう完了させています。

外まわりで、排水マンホール付近の地面が陥没

いつの間にか屋外の地面が陥没していて、土を埋めても、

時間が経つとまた陥没してしまうということで

調査依頼のあった札幌市東区のお客様宅です。

 

地面が陥没するケースというのは、

大半が地盤下に水の流れができてしまっていることで

起こる現象になってきます。

 

今回は傍に排水のマンホール(排水ます)があり

どうやらその付近の排水管が破損して

汚水が管内を通らず、外の地中に

逃げていってしまっているようでした。

 

地面を掘り起こしてみると、やはり排水管が割れ

流れた水が損傷個所から地中に流れ出し

そのせいで土も一緒に流されて地面陥没の

原因となっていることが判明しました。

 

排水管というのは太く融通がきかないつくりのため

このような場合には損傷個所だけでなく

その前後まで掘り起こしての排水管交換が必要です。

 

今回のケースのような原因としては

もともとの地盤の強度の問題や

地震の影響などで、地中に埋まっている排水管に

衝撃や負荷がかかって壊れてしまうものです。

 

同様の症状で気にかかる箇所がございましたら

お気軽に現地確認ご依頼ください。

電動水抜き栓の漏水修理

水道局の水道料金検針のときに、水道メーターが

回り続けているとの指摘があり、

漏水していることが見つかった札幌市東区のお客さま宅です。

 

今回は、冬場に水道管の水落としなどに使う

水抜き栓と呼ばれる給水装置からの水もれでした。

 

こちらのお宅では、室内にあるリモコン器具を操作して

水を止めたり出したりできるような遠隔式の元栓が使用されていました。

 

このような電動水抜き栓からの漏水の場合、

室内のリモコン箇所ではなく、

写真のような電動装置の大元部分のモーター箇所で作業となります。

電動タイプの元栓が使用されているケースでは

地下や車庫内、隠しスペースなどに

この電動モーター装置が設置されていることがあります。

 

漏水修理には、電動モーターを取り外し、

内部の水抜き栓本体内部をさらに分解していく作業となります。

通常の手回しタイプの水抜栓と比べ、

少々手間のかかる作業となります。

 

様々なタイプの電動水抜栓があり、若干費用に変動がありますが、

内部パッキンの交換で改善できる場合には

¥10000~11000円程度の作業費となることが多いです。

札幌市東区のキッチン水道修理

キッチンの蛇口部分の接続部より水もれがあるということで

水道修理のご依頼をいただいた東区の事例です。

 

かなり古いタイプの混合蛇口が取り付いていて

水道配管との接続箇所から水がじんわりと漏れ

蛇口の下あたりまでつたってきている状態でした。

外観から確認したところ、蛇口と水道管の接合部の

水漏れ防止シール材が劣化している可能性がありました。

 

このような場合、混合水栓をいちど分解して取り外し、

漏水がある水道管に再度設置しなおすことが必要になります。

また、水道管の腐食や金属削れなどがある場合には

一部の水道管の取り替えや

蛇口の交換が必要になるケースもありますので

まずは現地で状況の確認をさせていただくことになります。

台所の水道修理(ガス台の取り外し)

台所の裏から水のポタポタと落ちる音がするということで

水もれ調査・修理のご依頼をいただいた

札幌市東区のお客さま宅です。

 

常時ずっと水の音が聞こえてくるため、

キッチンの床面の点検口から床下を覗いたところ、

やはり床下へ水がもれているのが確認できました。

 

ちょうどガス台の裏側あたりからの水漏れのため

いちどガス台を取り外さなければ水道管修理ができず

脱着作業を伴う水道管修理となりました。,

 

キッチンまわりの水道管というのは、

通常、流し台やガス台の裏側を走っていることが多く、

部分修理にはこれらの設備を取り外すことが必要なことが多いものです。

 

今回はガス台裏の水道管が腐食によりピンホールしていたため、

一部分を配管取替えして、水道修理完了となっています。

床下の塩ビ排水管の修理

湿気で一戸建ての床がぶよぶよしてきたため、

不思議に思って床下収納をのぞき込むと

床下部分に水が溜まってしまっているということで

水周りの調査と水道修理のご依頼をいただいた

札幌市東区のお客さま宅です。

 

お伺いして確認したところ、塩ビ排水管の接合部から

水がもれていることが判明しました。

水を使用するたびに、その劣化箇所から床下に水が垂れるため

気づかないうちに床下部分に水たまりができ、

それが床下結露や室内床面の湿気原因となっていました。

 

今回は塩ビの排水管を一部切断して、

劣化がひどく水もれしていた箇所の配管交換をして

水道修理完了しました。

洗面所の水道修理(排水トラップ配管交換)

洗面台の下からつながっている

排水トラップといわれる排水器具から

水を流すたびに漏水がありました。

 

洗面所の排水器具というのは通常、プラスチック製の

器具が使われるものですが、

こちらのお住まいでは金属製の金具が使用されていました。

 

プラスチック製金具の場合には、接続部のパッキンなどを

取り替えるこのと漏水状態が改善されることもありますが、

年数の経過した金属製排水金具の場合は

腐食や損傷の可能性もあるため、

慎重な作業が必要になってきます。

また、金属劣化が激しい場合には、分解修理中に

破損してしまうおそれもあります。

 

外観から見て器具そのものが劣化している場合には

一部分の修理ではなく、あらかじめ器具そのものを

交換することをご提案させていただくこともございます。

キッチン付近で排水の臭いがひどい

キッチンや洗面所などの排水臭がひどく、

収納扉の中に臭気が充満してしまったり、

様々な箇所に臭いが染みついてしまうことがあります。

 

このような場合には、排水管の防臭作業をすることで

嫌な匂いを抑えることが可能です。

 

作業料金は、一般的な排水構造の場合、

¥8000~10000円 でおさまることが大半です。

 

ただし、お客さま宅の排水管構造によって

必ず対処をお約束できるものではありません。

特殊な配管構造になっている場合には

防臭用部材を取り付けすることができないケースもありますし、

排水管の傾斜が狂ってしまっていると

防臭作業をすることで水の流れが

若干悪くなってしまうこともありえます。

 

ですから、まずはこれらの排水構造を確認させていただき、

施工が可能かどうかを判断させていただくことになります。

洗面所の蛇口を開けると、洗面下に多量水もれ

洗面所に付いているシャワータイプの混合栓で

水を出そうと蛇口のレバー操作をしようとすると

洗面台下に多量の水もれが起こるという現象が

非常に多いケースとしてあるものです。

 

このようなケースでは、

引き出して使用できるシャワー形状で多く起こる漏水で

シャワーホース部品や、その周辺が故障し

水漏れとなっていることが考えられます。

 

引き出しタイプのシャワーホースの亀裂や劣化による

水漏れ修理の場合は、適合部品にもよりますが

16000~19000円ほどの交換作業となります。

(交換部材・作業費・出張費含む)

 

使用されているメーカーや型式により

適合部品が違いますので、料金にも幅がありますし、

スグ部材を用意できる形状のものと

取り寄せや注文製造となる場合もございます。

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

トイレの水が止まりきらない

トイレで水の流れる音が止まらず、

ご自身で確認したところ、便器の中やトイレタンクの中で

水がわずかな量ですが常時流れ続けていたため

弊社に修理のご依頼をいただいた事例です。

 

トイレタンクの中には数種類の部品が設置されていますが、

原則としてどの部品も消耗品となります。

年数が経過すると、各部品とも故障してしまい、

止水するための機能が効かなくなってしまいます。

 

そのため、今回のような便器の中への漏水や

トイレタンク内で常時水が供給される現象が起こります。

 

今回は、トイレタンク内の部品を計2ヶ所交換する必要があり

併せて ¥16000+消費税額 となりました。

(トイレの形状や症状により、使用部品に違いがありますので、

 料金は変動することがございます。)

札幌市東区のトイレの部品修理

トイレの部品の故障取り換えや修理にも

全般的に対応しております。

今回のご依頼は、トイレタンクの手洗い吐水口が

壊れて折れてしまったということで

部品取り替えのご依頼をいただいた事例になります。

 

部品の交換については、トイレの型式や製造メーカーなどにより

それぞれ使用部品というのは違いますが

ごく一般的な修理部材であれば、常時スタッフが

手持ちで取り揃えておりますので

ほとんどの場合にはその場で修理対応が可能になります。

 

使用する部品により、部品代・交換作業代に違いがありますが

故障の症状をお電話でお聞かせいただければ

概算の修理料金などはお伝えできることが大半です。

 

急な故障や水漏れなどでお困りの場合は

お気軽にお問い合わせください。

 

(トイレの温水洗浄便座やリモコン使用製品などの

 機械物の修理については弊社では対応しておりません。

 製造メーカーへのメンテナンス依頼が必要な箇所もありますので

 あらかじめご了承ください)

洗面台の排水口の故障

洗面台の排水口が引き棒を操作することで

排水栓が上げ下げできるようなタイプのものを

ポップアップ式排水といいます。

 

この洗面のポップアップが故障して

うまく作動しないということが、器具劣化により

たまに起こる現象となります。

 

このような場合、部分的な調整や清掃などで

修理可能なケースもありますが、

それなりに年数の経過した器具の場合には

排水器具ごと交換しなければいけないことが多々あります。

 

今回も同様に、ポップアップ式の排水口の動きが悪く、

部品の交換が必要になりました。

ただし、このような排水器具というのは

部分的な取り替えができないものが多く、

排水口からその下のU字のパイプあたりまで

すべて含めて交換しなければいけないケースがほとんどです。

外部排水マンホールまわりの破損

まわりがアスファルトで埋められている箇所の

排水ます(外部排水管途中の点検用マンホール)のまわりが

えぐれて空洞が空いてきているということで

調査のご依頼がありました。

 

排水マスまわりで陥没や地盤のへこみが出てくる場合には

地中の排水管などに損傷があり

地中内に汚水が漏れてしまっている可能性があります。

 

汚水が管外に流れ出ることで

地中の深い部分で土がえぐれてしまうため、

時間差で地面表面が陥没したり空洞があいてしまうことになります。

 

このようなケースでは、地面を掘りあげて

水が逃げていく原因となる箇所の修理や部分交換となります。

 

また、写真のようなアスファルト地盤の場合には

土だけの地盤の場合よりも、

解体や補修などの追加作業や、地盤の固さなどの影響で

通常よりも割高な作業料金となってしまいます。

 

埋設排水管の修理や工事については

必ず事前に現地確認が必要になりますので

気になる点があればお気軽にお問い合わせください。

札幌市東区のトイレ修理

トイレの床面にいつのまにか水がたまってしまうので

いちど見てほしいということでご依頼のあった事例です。

 

トイレの床面に水がたまってしまう場合、

トイレと床の設置部分からの水漏れのケースと

どこからか水がつたってきたものが

床に溜まってしまうというケースとがあります。

 

今回は水道管からの水漏れが、配管をつたい

床面に漏れていたため、配管の修理となりました。

 

その他一般的に多い原因は、トイレタンクからの水もれや

ウォシュレット(温水便座)の故障による水漏れなどです。

(洗浄便座からの水漏れの場合は、製品製造メーカーでの

 修理となりますので、弊社では承ることができません)

 

ご自身でどの箇所からの水漏れなのか判断がつかない場合には

現地調査して原因を確定させることになります。

お困りの場合には、お気軽にお電話ください。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
011-789-2432

受付時間:朝8時~夜11時

札幌の水漏れ修理専門。スタッフは全員、水道の国家有資格所持者のみの、札幌市水道修理店グループです。
緊急な水道修理などの水のトラブル、ボイラー交換、水道管工事、トイレつまり修理、急な排水つまりやトイレのトラブルなどに、即日緊急出張修理にお伺いします!朝8時から夜11時まで通常期は休まず営業。土日、祝日も修理対応しています。
< 営業時間 朝8時~夜11時まで  >
<  出張修理対応可能地域 札幌市全域 >
< お支払はクレジットカード(一括決済)も可能です>

当社では、できるだけ素早く水まわりのトラブルに対応するため、札幌市東区・北区の営業所のほか札幌市内各所に夜間待機所を設けています。 お電話いただければ、お客様のお近くのスタッフが駆けつけます

札幌市内全域対応の一般家庭専門の水道修理業者です

※ビル・店舗・集合住宅共用部の修理については原則対応をお断りしております

対応エリア
札幌市全域

運営責任者

水まわりの事なら、 お気軽にご相談ください 

011-789-2432

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ

011-789-2432

札幌の地元水道屋 ウェルハウス札幌
<営業テリトリー> 札幌市
<受付時間> 朝8時~夜11時
https://wellhouse.jp
https://www.1-sect.net/
http://www.mizumore.com/

ウェルハウス札幌

住所

〒007-0837
北海道札幌市東区北37条東28丁目

営業時間

朝8時~夜11時

地域別 水道修理事例

札幌市内・近郊の水道修理を地域別に事例紹介しています。詳しくは各地域修理ページをご覧ください。