キッチン下の収納スペースに水もれ

作業後 開口部化粧板取付.jpg

 

キッチンの流し台下収納スペースの中に

気が付くと水気があるというケースがあります。

 

多量に水がもれてくるのか、

微量な水漏れなのかによっても想定される故障個所が違います。

 

今回は、気が付くと水が収納部内の床面にたまり

臭いのきつい排水臭がするということで

確認したところ、排水部品接続部の劣化で

水をながすたびに少量ずつ水が滴ってくることがわかりました。

 

排水部分をいちどきれいに取り外し

内部のパッキン部材を取り替えることで

症状改善し、水道修理完了となりました。

 

 

トイレに物を落として詰まらせた

便器取外し.jpg

 

トイレにうっかり流してはいけないものを

誤って流してしまうことがあります。

 

芳香剤の容器や、繊維物、携帯電話や

生理用品・紙おむつなどがよくありがちなものです。

 

このような場合には、原則トイレそのものを

いちど取り外さなければ落とした物の除去ができません。

 

一般的なトイレットペーパーの流しすぎや

便が引っ掛かってのトイレつまりとは違い

簡易的なトイレつまり修理では対応できないものです。

 

今回のお客さま宅では、小さいお子さんが

トイレに玩具を流してしまったため

水つまりとなり、トイレ修理対応となりました。

トイレの便器やタンクをいちど取り外し、

内部に引っ掛かっている玩具を取り除いて

再び便器やタンクを設置しなおして終了となりました。

 

レバー式の蛇口の水が止まりきらない

IMG_20210219_092648.jpg

 

レバーを上げ下げすることで操作できる形状の

シングルレバーといわれる蛇口からの水もれです。

 

古い形状のカランなどと違い、レバータイプの蛇口には

昔ながらのパッキンと呼ばれるものは入っていません。

内部にはカートリッジという部品があり

それが消耗してしまうとパッキンがすり減っているかのように

レバーを閉めても水が止まりにくくなってきます。

 

このカートリッジ部品ですが、

お使いの蛇口により適合部材が違うため

汎用的に使用できるものは存在しません。

今お使いの蛇口があまりに古いものですと

すでに部品がメーカーでは作られなくなっているものもあります。

 

修理が可能かどうかは、蛇口の使用年数によっても違ってきますし

他の箇所の劣化具合によっても判断は変わってきます。

 

お電話だけでも詳細を聞き取らせていただくことで

部品の有無が返答できることもございますので

詳しくはお気軽にお問合せください。

 

札幌市南区の水道工事事例

17 配管修理後.jpg

 

室内の水道管から水がもれているということで

お伺いした南区の水道工事事例です。

 

壁の中から貫通して出ている水道管から

ポタポタ水が染み出している状態でした。

水道管の保温カバーを取り外して調査したところ

ちょうど壁際付近だという原因箇所断定ができました。

 

水もれしている水道管の部分交換の場合

通常はその箇所の前後を取り換える必要があります。

今回のケースでは、壁際ギリギリで

そのままの状態では修理作業ができないため

壁面をいちど解体して前後の配管部分交換をしています。

 

使用されている配管の材質や、水もれ状況、

配管構造によって対処が違うこともありますので

詳しくはお気軽にお問合せください。

 

シングルレバー蛇口(混合水栓)の交換工事

2014082504510002.jpg

 

こちらは、台所の蛇口が古くなり

あちこちから水が漏れてくるようになってしまったので

蛇口の交換をしてほしいということで

水道工事のご依頼をいただいた事例です。

 

写真のようなレバーハンドルの上げ下げで操作するような

混合水栓では、年数が古くなってしまうと

修理のための専用部品が製造されなくなるため

水もれや故障が起こった場合、

蛇口本体を丸ごと交換することになります。

 

今回のお客さま宅でも、20年以上経過した混合栓だったため

蛇口そのものを取り換える工事となりました。

同じような混合栓の取替えであっても、

取付方法や現地状況により価格は変動します。

今回の事例のような壁面に設置されている形状であれば

わりと安価な費用になります。

 

逆にキッチンのへりに直接設置されている形状の混合栓の場合、

お住まいの構造によっては、流し台を取り外したり

かなり狭いスペースからの作業をしなければいけないこともあり

交換工事のしにくさや、配管一部を交換しなければいけないという理由から

少々値の張った料金形態になってしまうこともございます。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

流し台裏側の水道管修理

20160328_160715.jpg

 

台所の流し台裏側の水道管修理状況です。

流し台あたりの床面から、水がしみ出してくると

お客さまよりご連絡あり、調査にお伺いしたところ、

流し裏に通っている水道管から水が漏れているのが判明しました。

 

通常、水道配管から漏水がある場合には

常時水が漏れ続けてしまうものです。

水道には常に同じように圧力がかかっているものですから

水漏れ箇所があると止まることなく水が出てしまいます。

 

キッチン裏側の配管水もれの場合は、

原因箇所が隠れてしまっていることが多いため、

水もれ箇所を露出させなければ修理ができません。

今回は、流し台を取り外し、裏側の配管を

一部交換して、漏水修理完了しました。

 

表面から見えない部分の水道管の修理は、

その原因箇所を見えるようにしなければ

正確な修理料金を算出することは難しいものです。

事前のお見積などは、少し幅をとっての金額提示になることもあります。

 

洗面の水の流れが悪い

20151004_173530.jpg

 

洗面化粧台の排水の流れが徐々に悪くなってきたということで

水つまり修理のご依頼をいただいた

札幌市南区のお客さま宅の事例です。

 

洗髪できるタイプのシャンドレ洗面台などではとくに、

髪の毛などが排水口内に流れ込み

水の流れが悪くなってきてしまうケースがあります。

 

また、細かなゴミなどを流し込んでしまった場合も同様に

排水内部で引っかかり、蓄積されてしまうことで

洗面排水つまりの原因になることが多々あります。

 

このような場合には、排水口付近から所定の道具で

圧力をかけて詰まりを除去したり、

排水トラップといわれる排水管を一部分解し

内部に溜まっている異物やゴミ、髪の毛の蓄積などを

取り除くというような修理となります。

 

ごく一般的なプラスチック製の排水器具の場合には

¥6000〜8000円程度の修理料金となります。

 

 

トイレの中の漏水修理

20150619_125604.jpg

 

水道局の水道料金検針時に、トイレから漏水があり

水道料金が高くなってしまっていると指摘があったため

水道局指定工事店の弊社へ修理依頼があった

札幌市南区のお客さま宅の事例です。

 

確認にお伺いすると、トイレタンクの中にある

ボールタップという浮き球のような部品が壊れ気味で

常に少量の水が供給されている状態でした。

 

トイレタンク内部品というのは、消耗品となりますので

年数とともに取り替えていく必要が出てきます。

劣化がひどくなると、今回のように水漏れし続け

水道料金が高額請求されてしまうことがあります。

 

水の止まりが悪いなど、気にかかることがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

キッチンの壁付き換気扇交換

20141023_105729.jpg

 

キッチンまわりでアパートなどに設置されている

写真のような換気扇の交換事例です。

 

壁面に取付けられている形状のファンタイプのもので

紐を引っ張って作動させる形状や

電動スイッチ作動させるものなどがあります。

 

今回、内部のモーターが古くなり動かなくなってしまったため

新しい換気扇へと交換することになりました。

 

※ 弊社では現在、マンションや戸建てで使用されることの多い

  レンジフードなどのキッチン用大型換気扇については

  修理・交換対応しておりません。

 

 

洗濯機用の蛇口から水がもれる(札幌市南区の修理依頼)

110919_173554.jpg

 

洗濯機の給水ホースと接続している蛇口の

接合部付近から水がポタポタ漏れてくると

札幌市南区のお客さまより修理依頼があった事例です。

 

洗濯用のホースや蛇口を分解してみると

蛇口の吐水パイプが変形してしまい

その部分が水もれの原因となっていたことが判明しました。

 

使用されている蛇口のネジ径や形状により

使用可能な部品が数種類ありますが

弊社では一般形状のものであれば

その場ですぐに部品交換修理が可能です。

 

このようなケースの部品交換の場合は

使用されている蛇口のタイプや

交換物にもより若干の変動はありますが、

¥6000〜7000円程度になることがほとんどです。

 

洗面所の水つまり修理

20150723_092147.jpg

 

洗面所の水の流れが悪く、なかなか流れきるのに

時間がかかってしまうということで

修理依頼をいただいた事例です。

 

洗面排水は、細めの配管を使用しているうえ、

トラップという臭気防止のための

入り組んだ構造をしていることが多く、

細かなゴミが流れ込んだり、長年の汚れの蓄積などがあると

どうしても詰まりやすくなってしまうものです。

 

洗面台の水つまりの場合、ボウル部分から圧力をかけて

つまりを除去する簡易的な方法と

排水管を一部分解してつまり物を取り除く方法があります。

 

また、一般的に使用されていることの多い

プラスチック製の排水金具の場合は

¥6000〜8000円程度の費用ですが、

写真のような金属製トラップの場合には

分解するのに非常に手間がかかるため、

割高な修理料金になってしまいます。

 

トイレの中に水が流れたままになる

20150130_121525.jpg

 

トイレの便器の中に水がいつまでも流れ止まらないため、

修理のご依頼をいただいた

札幌市南区にお住まいのお客さまの事例です。

 

通常トイレの便器内へ流れる水は

トイレタンクの中の部品によって制御されています。

けれども、このタンク内部品が故障してしまうと

制御が効かず、便器の中へ水がチョロチョロ漏れてしまうという

今回のようなケースにつながってしまいます。

 

たとえ少量の水漏れであっても

このようなケースでは常時水が流れ続けることが多いため

そのまましばらくの期間放置してしまうと、

水道料金が高額請求されてしまうことがあります。

水もれ症状に気付いた場合には

できるだけ早めの修理をお勧めしています。

 

今回は、トイレタンク内のフロート弁という部品が劣化していたため

部品交換にて修理完了しています。

トイレタンク内部部品の交換は、取り換える部品により

¥6000〜18000円と開きがありますが、

今回の修理料金は ¥6000円 + 消費税額となりました。

 

トイレに水が流れたまま止まりきらない

20150102_234911.jpg

 

トイレの便器の中に少量ですが

水がいつでもチョロチョロ流れてしまい

止まらない状態ということで修理のご依頼をいただいた

札幌市南区の案件です。

 

トイレの便器内への水もれの場合、

多くはトイレタンクの中に入っている部品が

故障していることが考えられます。

 

そのため、まずはトイレタンク内を調査して

どの部品が悪くなっているのか

判断していくことから調査がはじまります。

 

また、このような状態でしばらく放置してしまうと

いくら少量だとはいえど、常に水が流れたままのため

水道料金の高額請求になってしまうことになります。

 

今回は、トイレタンク内の浮き球部品を取り替え

修理完了できました。

修理箇所によって、水道料金の免額対象になりますので

詳しくはお気軽にお問い合わせください。

 

引っ越しに伴うシャワートイレ(洗浄便座)の付け替え

20141028_103323.jpg

 

引っ越しをするので、現在取り付いている

シャワートイレ(洗浄便座)を外して

もともと設置されていた普通便座に付け替えてほしいと

ご要望があった事例です。

 

このようなケースでは、付け替えることによって

配管の長さを変更したり、

パッキンや付属品を一部取り換える必要がでてくることもあるため、

それによって付け替えの料金形態が変わってきます。

 

一般的なものであれば、付け替え工費として

¥8000〜12000円程度の幅を考えていただくことになります。

(取付金具や配管の部分交換の場合には、

 上記記載料金の上限が必要となります)

 

お風呂の混合栓蛇口の接続部より水漏れ

IMG_20170602_140203.jpg

 

お風呂場に付いているシャワー混合栓ですが、

壁面の取り付け口付近にあるねじ込み部から

常にポタポタと水漏れしていました。

 

通常ねじ込み箇所からの水漏れの場合、

パッキンなどの取り換えでは対応することができません。

ねじ部分に腐食がなければ、いちど接続箇所を取り外し

所定の止水作業をしたうえで、再度取付しなおすことになります。

 

蛇口の取り外しと止水作業については、

壁出しといわれる壁面に設置されているタイプであれば、

¥6000〜8000円程度の修理作業料になることが多いですが

蛇口形状や配管状態によっても違いが出てきます。

おおよその目安としてお考えください。

 

 

 

洗面所に指輪を落としてしまった

IMG_20170821_223048.jpg

 

洗面所でお掃除中に、うっかり指輪を落としてしまったので

何とか取り出すことはできないのかというご連絡をいただきました。

排水の設備のつくりにもよってきますが、

洗面所の排水に落とした場合には、

よほど特殊な構造でないかぎりは、排水器具を分解して

取り出せるケースが多いものです。

 

今回も、排水器具内にひっかかっていたため

無事取り出すことができました。

 

ただし、どのような場合も取り除けるわけではありません。

小さなものであれば、指輪に限らず、

偶然さらに奥の排水配管まで流れていってしまうこともあり、

取り除くことが無理なこともありえます。

 

取出しが可能な洗面の排水器具内に残っているのかどうかは

どうしても分解作業してみなければわからないため

お問い合わせいただいても、ハッキリと対応可能かどうかの

ご返答ができない作業になりますので、

お困りの場合には、無条件に分解作業をしてみるということになります。

 

配管がある近くの地面が陥没している

IMG_20170713_120800.jpg

 

家の外の排水管があるまわりの地面が陥没して

何度盛り土をしても、しばらく経つと

またへっこんできてしまうので

何か原因があるのか調査してほしいということで

ご依頼いただいた南区の事例です。

 

排水まわりで地面の土が削られてしまったり、

減ってしまっている場合には、

排水の水がそのまわりの地中内に逃げていっている可能性があります。

とくに、排水管や排水ますが破損していると

このような症状になりがちです。

 

外観から把握できるケースもありますが、

状況によっては地盤の土を掘り起こさなければ

実際にどのような状態になっているのか把握できないこともあり、

お見積りを正確に出せないことも多々あります。

そのため、見積り金額については、現地状況から想定される

概算の金額提示となりますので、実際の作業の中で

若干の変動があることがございます。