トイレタンク内の節水について

トイレタンク内で、後付けの節水金具を取り付けたり、節水用に水かさを増すためにペットボトルなどを入れるなどの行為は絶対に止めましょう。

タンク内に、水を入れたペットボトルを入れたりするのは、昔流行っていた節水方法です。

また、タンク内部の部品に、重りを取り付けるような商品が市販販売されたりもしていました。

(そういえば、訪問販売でも一時期、トイレ節水を売りにして取付部品を販売して回る業者さんがいましたね・・・・)

実はこのような節水方法では、水道料金は微々たるほど下がっても、正規の節水方法ではないため、様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

 

トイレタンクはメーカーでの製造段階で適正の水量で、便器内のペーパーや便が流れるように設計されています。

節水で水量を少なくすると、適正水量に足りず、便器内でつまりやすくなるトラブルを生み出すことが多々あります。

それ以外にも、タンク内部の部品に負荷がかかり、部品が劣化・破損しやすくなるというデメリットがあります。

現在、トイレタンク内の部品で、節水型に取替えできるものもあります。

しかし、どちらにしても極端な節水は、トイレ廻りの給排水のしくみにいい影響を与えないこともあるということを考えておきましょう。